広島カープ、ドラフト1位の慶大・加藤拓也投手と入団合意

加藤拓也, 慶応大

広島カープはドラフト1位で指名した慶大の加藤拓也投手と、契約金1億円+出来高5000万円、年俸1500万円で合意し仮契約を交わした。

パワーピッチャー

加藤拓也投手は最速153キロを誇るパワーピッチャーで、175cmながら90kg前後の体から重い速球を投げ込む。苑田スカウト部長は「黒田も馬力はあったが、加藤君の方があるかも」と話し、「緒方監督にはどちらでも使えると伝えた」と、先発としてもリリーフとしても使えると話したという。

加藤投手はコントロールもまずまずあり、大きく乱れるような心配は基本的にはないと思う。また変化球もフォークボールなど一通りのものを投げ、コントロールもある程度できる。

しかし、コントロールも変化球もそこそこというのが加藤投手の課題で、東京ヤクルトとの奉納試合でもインコースに決まったストレートは打ち取っていたが、真ん中高めの球や変化球は打たれたりファウルにされた。150キロ近いストレートをファウルなどで粘られたときの投球がプロ入り後の課題となるだろう。

2016ドラフト指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

今季限りで現役を引退した専大出身の黒田博樹氏を獲得した苑田聡彦スカウト統括部長は「黒田も馬力はあったが、加藤君の方があるかも」と評価し、「緒方監督には“(先発と抑え)どちらでも使える”と伝えた」と話した。


PAGE TOP