東北楽天・長島スカウト部長、大学生投手に好素材

東北楽天の長島哲郎スカウト部長は、河北新報で東北楽天の補強方針について話をしている。また今年は大学生投手に好素材がそろうと話した。

東北楽天の補強方針

昨年はドラフト1位でオコエ瑠偉選手、2位3位で二遊間を守れる吉持亮汰選手と茂木栄五郎選手、4位と6位で堀内謙伍捕手と足立祐一捕手を獲得した。そしてキャッチャー・足立選手、ショート・茂木選手、センター・オコエ瑠偉選手とセンターラインが一気に変わり、大きな戦力補強となった。

長島スカウト部長は「昨年のドラフト会議はセンターラインの強化という方針で、野手中心の指名になりました。」と話し、既に1軍で活躍する茂木選手などに「自分で考えて練習できるかが重要。茂木選手はそれができていた」と話した。

そして今年の補強方針については、「継続して強いチームをつくるためには目先だけでなく、チームの戦力バランスを踏まえ、先も見据えた選手獲得が必要」と話している。

大学生投手に逸材

また長島スカウト部長は「今年のドラフト会議の候補となる大学4年生は投手に好素材が多いです。」と話し、「柳裕也佐々木千隼の両投手ら野手も含めて十数人ほど」に注目していると話した。また田中正義投手については「たとえ好素材であっても故障のある選手は、しっかり見極めないといけません。」と話した。

昨年でセンターラインをしっかりと固め、今年は大学生投手や高校生投手を指名して投手陣を厚くする事になりそうだ。

立花球団社長が昨年の時点で創価大・田中正義投手に高い評価をしていた。田中将大投手から田中正義投手という事もあるだろうが、則本投手とともにエースとして投げられる投手として最有力だろう。ただし、寺島成輝投手や藤平尚真投手投手など高校生についても、田中将大投手のように20歳でエースになるような投手かどうかを見極める事になる。

昨年、抽選を外したとはいえ、立花球団社長のくじ運は強い。また流れを引き戻すことになるか注目される。

2016年ドラフト指名予想 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

東北楽天イーグルスのドラフト会議メインページ | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

昨年のドラフト会議はセンターラインの強化という方針で、野手中心の指名になりました。新人のオコエ瑠偉外野手や茂木、足立祐一捕手が1軍で出場していますが、継続して強いチームをつくるためには目先だけでなく、チームの戦力バランスを踏まえ、先も見据えた選手獲得が必要です。


PAGE TOP