国学院久我山・了海航捕手が2刺殺、巨人スカウト7人で視察

了海航, 国学院久我山

 国学院久我山の了海航捕手が止まらない。この日も2つの盗塁を阻止し、チームを勝利に導いた。巨人は山下部長以下7人のスカウトで視察、将来の正捕手候補としてドラフト会議での指名の可能性が高まった。

序盤に2刺殺

 了海航捕手は、180cm87kgの大きな捕手で、先日の試合ではけん制でランナーを2度刺し、またキャッチングも「吸いつくようなキャッチングは天性のもの」と評価されるなど捕手としての能力が高く評価されている。

 この日もセカンドまで1.8秒台のスローイングを見せる強肩で、初回に盗塁を刺すと、2回にも盗塁をアウトにし、法政高の盗塁の意欲を打ち消した。チームは7回コールド9-0で勝利、5回戦進出を決めた。了海投手も「落ち着いて刺せた」と余裕を持ちながらの盗塁阻止だった。

 

巨人スカウト7人で視察

 この試合に巨人は山下スカウト部長以下7人のスカウトが視察に訪れた。山下部長は了海捕手について、「体格がいいね。大型捕手だよ」と印象を語り、「地肩の強さがある。バッティングはパンチ力がある。伸びしろのある選手だし、鍛えがいがある」と評価した。

 スローイングの動作が大きい事を課題に挙げたものの、「直せるよ」と話した。巨人は2013年のドラフト会議で小林誠司選手をドラフト1位指名し、阿部選手をファーストに転向し正捕手交代を測る。ただし小林選手が原監督の期待にこたえられずに2軍に降格し、阿部選手が捕手に戻ったりと迷走もしている。

 それでも小林選手はドラフト1位選手として将来の正捕手としての期待は高い。それでも、すんなりと正捕手を奪える程甘くはない。何人かで競争をして正捕手が絞られてくる。また、村田真一捕手のように高校から鍛え挙げられた捕手は、チームの屋台骨として支えてくれる。

 その意味で了海選手の指名の可能性は非常に高いとみられる。ドラフト会議では3位前後での指名があるかもしれない。

2015年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト

2015年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

「地肩の強さがある。バッティングはパンチ力がある。伸びしろのある選手だし、鍛えがいがある」と山下部長。スローイング動作が大きい点を課題に挙げたものの「直せるよ」と評価が下がることはなかった。

プロ注目捕手・了海(りょうかい)は2打数1安打も守備では初回と2回に二盗を阻止。初回2死一、三塁で二盗を刺した場面には「落ち着いて刺すことができた」。

 ネット裏では巨人のスカウト7人が視察。山下哲治スカウト部長は「肩の強さはいいものを持っている」と評価した。


PAGE TOP