高校野球・三重大会(2015):ドラフト注目度B

  菰野高校出身の西勇輝選手がプロで活躍して注目される三重県、毎年全国でもトップクラスの球速を誇る投手が出てくるが、高校時点ではまだ体や技術が伴わずに活躍できずに終わる荒削りな選手という印象もうける。今年もそのような選手がいる。ドラフト注目度はB。

地区

 昨年夏は三重高校が甲子園に出場、秋と春はいなべ総合が優勝している。三重高校、いなべ総合、菰野高校が肩を並べ、海星、津商や津西、松阪商などが追う展開か。

 組合せではノーシード爆弾となった菰野高校がいなべ総合のブロックに入った。菰野高校は初戦で延長12回の戦いを演じ苦しいながらも勝利を飾っている。

 三重は序盤に近大高専と、また四日市工や皇学院、津西といった力のあるチームが同じブロックにおり、こちらも油断はならない。

 

注目選手

 毎年のように140km/h後半の球を投げるが荒削りな投手が出てくるが、今年は菰野の山田大樹投手がそんな投手で、最速147km/hを記録するものの荒削りな選手。昨年秋は故障し、春は不振でフォーム改造に取り組み、ようやく140km/hを記録する所まで来たようで、新フォームの山田投手に注目したい。

 また三重高校も中津友志投手が急成長し145km/hを記録したという。練習試合でも強豪相手に好投を見せているという事もあり、その投球が注目される。

 

その他の注目選手

 菰野高校は横井希投手も182cmから141km/hの速球を投げる本格派投手、三重高校は2年生の180cm右腕・斉藤隼大投手の評価が高い。いなべ総合の祝大祐投手は小柄な左腕だがキレの良い130km/h後半の速球を投げる。

 津田学園の出口匠選手は打っては30本塁打、投げても140km/hを記録する。近大高専の西田昴洋投手は186cmから138km/hの速球を投げおろす。


PAGE TOP