報徳学園・中本光紀と履正社・山口裕次郎投手をデイリースポーツが評価

中本光紀, 報徳学園, 履正社, 山口裕次郎

デイリースポーツの週刊デイリー高校野球では、報徳学園の147キロ右腕・中本光紀投手と履正社の山口裕次郎投手を紹介している。中本投手は150キロ出ると評価している。

報徳学園・中本投手

報徳学園の中本光紀投手は182cm68kgの身体だがこの夏の大会前の練習試合で147キロを記録、夏の大会でも140前半の速球で力で勝負をする投球を見せていた。体重も60kg台でまだ線の細さが感じられ、しっかりとした土台で投げる所までにはいっておらず、体全体を使って投げている印象だがそれでも147キロは素晴らしく、体を鍛えてゆけば150キロは出すのではないかと思う。

デイリースポーツでも鍛え方次第で150キロも夢ではないとしており、将来は巨人の木佐貫投手のようにキレで勝負する投手になりそうと評価している。

報徳学園は左のエース・主島大虎投手もおり注目されたが、準々決勝で市尼崎に0-1で敗退した。主島投手が7回4安打1失点、中本投手は1回ノーヒット無失点だった。二人の進路に注目される。

履正社・山口投手

履正社には二人のエース級左腕がいる。一人は寺島成輝投手でプロのほとんどの球団がドラフト1位候補に名前を挙げる左腕、そしてもう一人が山口裕次郎投手。山口投手は180cm87kgの左腕で、カーブやスライダーと共に最速145キロの速球を投げる。腕の振りが鋭くコンパクトな感じで、デイリーでは打ちにくさでは杉内俊哉投手タイプとしている。

スケールでは寺島投手に及ばないかもしれないが、キレ球で勝負する左腕として、プロでも活躍する姿が想像できる。履正社は4回戦を勝ち抜いており、5回戦で大体大浪商と対戦する。甲子園に登場すれば、寺島投手と共にさらに注目される投手となりそうだ。

 

中学時代から騒がれていた主島投手と寺島投手、その二人のエースを見てもあきらめる事なく投手として成長をつづけた二人、今後の成長と活躍を注目し続けたい。

報徳学園高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

履正社高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

週刊デイリー高校野球 デイリースポーツ紙面 2016/7/27

 


PAGE TOP