東京ガス・山岡泰輔投手が自信、社会人NO.1右腕

山岡泰輔, 東京ガス

東京ガスの山岡泰輔投手が宮崎のキャンプに出発し、現在は昨年よりも調子が良いことを明かした。

直球で空振り

山岡泰輔投手は瀬戸内高校時代に140キロ中盤の速球と鋭いスライダーで注目を集め、ドラフト上位候補としてプロもマークした。しかし東京ガスへの進学を決めると、1年目からリリーフエースとして150キロの速球を見せ、社会人でも格の違いを見せていた。

しかし昨年は直球で空振りを奪う事ができず、スライダーの他にチェンジアップなど変化球の数を増やした投球を見せていたが、やや調子を落としていた。

この日、宮崎で行われるキャンプに出発した山岡投手は「最近は直球で空振りが取れている。よくなっています」と話し、社会人1年目のようなストレートが復活していることを示唆した。66kgの体重も2kg増えたようで力強さを手にし、おそらく今年が最後となる社会人野球で活躍を見せたい。

プロ球団も多くのチームがドラフト1位候補に挙げてくるとみられる山岡投手、今年のドラフトの目玉級の投手だといえる。

2016年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

2016年ドラフト指名予想 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

この日、宮崎でのキャンプに向けて羽田空港から出発。「最近は(シート登板で)直球で空振りが取れている。よくなっています」と、自信を深めていると明かした。


PAGE TOP