慶大・加藤拓也投手を虎が追う

加藤拓也, 慶応大

デイリースポーツの「虎が追う」のコーナーでは、慶大・加藤拓也投手を獲りあげている。デイリースポーツでは阪神が獲得を狙う投手として、以前から加藤投手を挙げていた。

阪神が狙う

加藤拓也投手は先日の東大戦でノーヒットノーランを記録、東京六大学通算22勝を記録する東京六大学を代表するエース、1年時に150キロを出しドラフト候補として成長を期待されていたが、明治大・柳裕也投手と比べると、スカウトのコメントや評価で名前があまり出てこない。

評価的には立教大で同じく22勝をしている沢田圭佑投手と同じような感じで、柳投手のように侍ジャパンでエースを務めるほどの実績はなく、下級生時代から活躍しており実力が高いのはわかるものの、3年生から4年生の時の成長の勢いがあまり見られず、これくらいの投球をするのは当たり前とみられがちな投手だと思う。

その加藤投手についてデイリースポーツは先日の記事で、阪神が指名を狙う即戦力投手として日本生命の小林慶祐投手、大阪ガスの酒居知史投手、立教大・田村伊知郎投手と慶大・加藤拓也投手の4人を報じている。阪神の畑山統括スカウト補佐が春のリーグ戦を視察し、「外国人みたいなピッチャー。うちにはいないタイプ」と高く評価している。そしてこの日も「虎が追う」のコーナーで加藤投手を取り上げた。

求道者

見出しでは加藤投手を「求道者」としている。加藤投手は175cmながら90kgの体があり、最速153キロの速球で押すピッチングで、力で押していくピッチングが持ち味だが、陸上やヨガなど他の要素を取り入れ、また様々な投手の投球フォームを見て自分のフォームに取り入れていく。それに伴うフォーム変更にもためらいがないという。「間違う事はある。変わり続けることが大事。変わることをやめたら、練習していても価値がない」と話す。

慶大の大久保監督も「一番ストイックに野球に取り組んでいる。お客さんが多いと燃えるし、思い切りプロ向きの性格」と話す。

4年春からは球威ではなく、変化球を織り交ぜた投球を見せるようになり、豪腕の凄みという点ではやや薄れたようにも見えるが、変わる加藤投手の特徴を示しているのかもしれない。東京六大学では4年時にあまり評価が上がらなかった投手として、早大の斎藤佑樹投手や法大の石田健大投手などが挙げられるが、石田投手は今年プロ入り2年目で9勝を挙げている。

プロに入って伸びるタイプであれば、来年の今頃には1軍でかなりの結果を残している投手かもしれない。

阪神、リリーフ補強に即戦力投手を指名へ、日本生命・小林慶祐投手など | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

求道者、加藤拓 デイリースポーツ「虎が追う」 2016/9/27

PAGE TOP