上武大・長沢壮徒選手が2ランホームラン、寺沢星耶選手も好投

上武大, 寺沢星耶, 長沢壮徒, 鳥巣誉議

上武大が5-4で東北福祉大を下しベスト4に進出した。4番の長沢壮徒選手が初回に2ランホームランを放ち、2年生・寺沢星耶投手が好投した。

実力十分

関甲新学生リーグは、毎年のようにプロ注目選手が登場し、今年も投手・野手にプロ入りしそうな選手がいる。その中で勝ち上がってきた上武大の実力は高い。この日は初回に、そのプロ注目選手の一人、3番の3年生・鳥巣誉議選手の犠牲フライで1点を奪うと、こちらもプロ注目選手の長沢壮徒選手が甘い球を逃さずにレフトスタンド中段まで運ぶ2ランホームランを放った。

投げては2年生の寺沢星耶投手が8回まで無失点の好投、9回につかまり一時は逆転を許したが、その裏に逆転サヨナラで勝ち上がった。寺沢投手は今季はそれほど調子が良くなかったと思うが、キレの良い速球とスライダーで8回1/3を投げ6安打9奪三振1四球で自責点3と安定した投球を見せた。

長沢選手は右打席からの長打力が抜群、184cmのスラッガーだが身体能力も高い。鳥巣選手は独特のタイミングの取り方から逆方向にも柔らかく打ち返すことができる。寺沢投手も左からのキレのある球は、昨秋の明治神宮大会で早稲田大を7回2失点に抑えた好投もあり実績十分。実力の高い選手がそろっている。

4強

ベスト4は、中京学院大、奈良学園大、中央学院大、そして上武大となった。東京六大学、東都、首都や関西学生の代表が姿を消し、地方の大学の実力の高さが目立った。

その中で全国大会優勝経験のある上武大の戦いぶりに注目したい。

上武大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-大学生外野手のドラフト候補リスト


PAGE TOP