明大・柳裕也投手が横浜DeNAとの交流戦で今季初先発、6回1安打無失点に4球団スカウト視察

明治大, 星知弥, 柳裕也

明治大はこの日、横浜DeNA2軍とプロアマ交流戦を行い、エースの柳裕也投手が今年初の対外試合に臨んだ。横浜DeNA、中日福岡ソフトバンク北海道日本ハムのスカウトが視察をした。

6回1安打ピッチング

東芝などとオープン戦3試合を行った明治大だったが、エースの柳裕也投手は登板をしておらず、この日の横浜DeNAとの交流戦に照準を合わせてきた。その柳投手は先発をすると、5回までパーフェクトピッチングを見せる。6回にヒットを許したものの、6回1安打3奪三振の見事なピッチングを見せた。

最速は145キロを記録、カーブ、カットボールなども投げ、またノーワインドアップの投球フォームを試すなどいろいろ試しながらだったが完璧なピッチングを見せた。「直球は良かったですが、変化球は課題が残った。もっと精度をあげないといけない。」と話したものの、「プロ相手に良いスタートが切れた」と笑顔だった。

柳投手は最速146キロと球速としてはまずまずだが、横浜高校時代から140キロ前後でも空振りを奪える球のキレがあり、得意のスライダーに加え大学で増やした変化球も巧みに使える。昨年のユニバーシアードではエース格として金メダルに貢献した。

4球団スカウト注目

この日は横浜DeNA、中日、福岡ソフトバンク、北海道日本ハムのスカウトが視察、北海道日本ハムの大渕スカウトディレクターは「完成度は学生NO.1」と評価、中日の石井昭男チーフスカウトも「大したもの」と話すと、中日・佐藤スカウトも「投げ損なっても甘いところに行かない」と評価、横浜DeNAの吉田スカウト部長も「制球がいいし、打者への攻め方を知っている。ますます磨きがかかってきた感じ」と評価した。

今年のドラフトでは田中正義に次ぐ大学生投手として、150キロの球速を投げる加藤拓也投手などのタイプとは別に、実戦派投手として柳投手は評価されそうで、ドラフト2位以内で消えるのは間違いなさそうだ。

星投手は7回から登板し4失点

一方、最速154キロを投げる星知弥投手は、柳投手をついで7回から登板したが、この日も失点を重ね、4失点を喫してチームも3-4とサヨナラ負け、明日からアメリカキャンプに向かうが、ここまで4試合は4連敗となった。

星投手は東芝戦で2回を投げて3安打2失点、東洋大戦でも1失点、投げれば失点をする状態が続いている。素材は魅力だが、何かが変わらないとこの状況は抜け出せないかもしれない。

明治大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

2016年ドラフト指名予想 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

二死からD6位・青柳(大阪桐蔭高)に遊撃内野安打を許したものの、3三振を奪うなど6回1安打無失点。スタンドでは中日、ソフトバンク、DeNAと3球団のスカウトが熱視線を送り、DeNA・吉田編成部長は「制球がいいし、打者への攻め方を知っている。ますます磨きがかかってきた感じ」と舌を巻いた。

中日・石井昭男チーフスカウトは「大したもの」と言えば、DeNA・吉田孝司スカウト部長も「年々成長している」と評価。もう1人のドラフト候補・星は7回から登板し、4失点でサヨナラ負け。

柳は「相手がプロでも社会人でも学生でも、自分の調子うんぬんではなく、0点に抑えることを大事にしたいです。そういう意味では、いいスタートが切れました」と言った。


PAGE TOP