12球団のドラフト指名採点

2019年ドラフト会議、12球団の採点

ヤク
ルト
中日 広島 阪神 De
NA
巨人 オリッ
クス
日本
ハム
千葉
ロッテ
東北
楽天
ソフト
バンク
埼玉
西武
95 100 100 95 85 75 75 85 120 85 85 85

ルーキーたちの2月までの採点・日本ハム編

生田目翼, 福田俊, 柿木蓮, 吉田輝星

2月1日にキャンプインしてから1か月が過ぎ、3月のオープン戦の季節に入っています。開幕1軍を手にするルーキーは?北海道日本ハムのルーキーの2月の採点です。

北海道日本ハムのルーキーの2月の評価

◎開幕1軍へ順当 ○開幕1軍当落線上 △次に結果出さなければ教育リーグ

1軍キャンプスタートするルーキーは?

ドラフト1位・吉田輝星投手・・・△

キャンプは2軍で過ごし、まだ1軍での登板はしていない。開幕は難しいが、教育リーグ、イースタンリーグを経て、早ければ5月の大型連休が明け、新元号になってから1軍昇格となるかもしれない。

ドラフト3位・生田目翼投手・・・△

新人合同自主トレで右ひじの張りを訴え、2軍キャンプでもキャッチボール再開は2月10日から、状況を見ながらの調整となっている。オープン戦の最後の方で1軍登板の機会があるかもしれず、その投球次第で開幕ベンチ入りがあるかもしれない。

ドラフト5位・柿木蓮投手・・・△

吉田投手と同じくキャンプを2軍で過ごし、まだ1軍での登板はしていない。それでも安定感ある投球は評価されており、イースタンリーグなどで経験を積んだ後、早ければ新元号になってから1軍昇格となりそう。

ドラフト6位・福田俊投手・・・△

紅白戦やオープン戦で登板し、左からの打ちづらいフォームで左バッターのインコースを攻める投球で抑えているが、球威などももう少しか。1軍登板を続け、ワンポイントリリーフとして評価を固められれば開幕1軍まで残りそうだ。

北海道日本ハムファイターズ、過去のドラフト指名


PAGE TOP