2013年ドラフト5つのニュース予想!

ドラフトブログ

2013年がスタートしました!ドラフト会議、アマチュア野球、プロ野球を展望する意味で、勝手に5つのニュースを予想してみます。

 もちろん全てフィクションです。

—–

第1位 松井裕樹投手に6球団が指名、地元横浜DeNAが交渉権獲得

  夏の甲子園で昨年の1試合22奪三振を越える23奪三振を記録し、ドラフトの目玉となった桐光学園の左腕・松井裕樹投手に、巨人、東京ヤクルトなど6球団がドラフト1位で指名し、地元横浜DeNAが交渉権を獲得した。

—–

第2位 甲子園3連覇の大阪桐蔭からは森友哉捕手など3人が指名

 昨年春夏連覇し、今年も選抜大会でも猛打で優勝を果たした大阪桐蔭高校からは、森友哉捕手がドラフト1位で阪神が交渉権を獲得、その他にも近田拓矢選手、笠松悠哉選手が指名された。

—–

第3位 大瀬良大地投手に3球団が指名

 今年のリーグ戦で10勝0敗、リーグ通算39勝を挙げた九共大・大瀬良大地投手に福岡ソフトバンクなど3球団が指名、抽選の末、地元福岡ソフトバンクが交渉権を獲得した。昨年の東浜巨投手と共にチームのエースとなる。

—–

第4位 JR東日本から、ドラフト1位が2人

 都市対抗で優勝を果たしたJR東日本は、エース・吉田一将投手と遊撃手の田中広輔選手がドラフト1位指名され、2人のドラフト1位が誕生した。

—–

第5位 藤浪晋太郎投手が新人王、大谷翔平はプロでも160km/h、1号本塁打

 昨年のドラフトで阪神が1位で獲得した藤浪晋太郎投手は、プロでも常時150kmを越すストレートで、シーズン途中から1軍に挙がると驚異の11連勝を挙げ、新人王に輝いた。

 また二刀流に挑戦している大谷翔平投手は、シーズン終盤にプロ初登板して160km/hを記録するとリリーフとして活躍。またDHで出場すると、プロ第1号ホームランを放った。

—–

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント

  1. 管理人さんはじめまして?

    リアルにありそうなのを予想すると
    松井裕樹プロ拒否で慶応大へ
    ENEOS大城悲願のプロ入り
    明大岡大海、野手で指名も入団前向き
    巨人を拒否した男東農大陽川尚将プロ入り
    オリックス今年もくじ外す。

  2. 2013年ドラフト1位で森を指名するも、日高引退の後も、
    FAでまたベテラン捕手を補強!結局、森の出場機会はなかなか
    増えず、2020年に金銭トレードでオリックスに移籍。

    2012年にスーパーエースとして期待された藤浪、森と共に黄金バッテリーと期待され、1年目にいきなり8勝を上げるも、阪神選手お得意のチヤホヤで天狗になり、翌年からは鳴かず飛ばず、その後肩も痛め2017年に任意引退。

    2011年1位の伊藤も、森同様に阪神のFA補強と、出戻り日本メジャーリーガーの入団で、なかなかポジションを奪えず、やはり2018年に中日に移籍。
    それ以後、慶大からは出入り禁止される。