巨人・菅野智之投手、福岡ソフトバンク・東浜巨投手が好投、予想される12球団の開幕1軍ルーキー一覧

菅野智之, 森本将太, 東浜巨, 金子侑司, 大谷翔平, 藤浪晋太郎, 三嶋一輝, 松永昂大, 則本昂大, 小川泰弘, 井納翔一, 谷内亮太, 高田知季, 江村将也, 山中浩史

 プロ野球の開幕まで1週間を切った。今年ほどルーキーの活躍が期待される年も少ないのではないかと思うほど、各球団ルーキーが期待されている。

 昨年王者・巨人はドラフト1位・菅野 智之投手が東北楽天とのオープン戦に登板し、4回を2安打2奪三振無失点と好投、開幕ローテーション入りを確実にしている。大谷 翔平投手が先日記録した157km/hを大学時代に神宮球場で記録しているが、ストレートの球速で驚かすというよりは、シーズンの勝ち星で納得させる投手となりそうだ。

 福岡ソフトバンクのドラフト1位・東浜 巨投手がウエスタンリーグの広島戦で7回2/3を投げて5安打1失点と好投、こちらも開幕ローテーション入りが確実とされている。開幕3戦目の東北楽天戦の登板が濃厚との事。菅野投手同様、勝ち星を積み重ねる投手となるでしょう。

 千葉ロッテのドラフト1位・松永 昂大投手は中日とのオープン戦で148km\hのストレートで1回1安打無失点、リリーフとして5試合連続無失点を続けている。こちらも開幕1軍当確、リリーフ左腕として関西国際大学の後輩・益田直也投手と左右のリリーフを任されそうだ。

 阪神のドラフト1位・藤浪 晋太郎投手は今日のオリックス戦に先発する。試合前日にも関わらず、「良くなかったから」と83球を投げたとの事。先日の埼玉西武戦で納得いく投球ができず、またライバル・大谷投手が衝撃のデビューをしたことで、力が入っていることだろう。今日の投球でよほどの事が無い限り、開幕ローテーション入りする。

チーム ドラフト 選手名 出身 守備 説明
北海道日本ハム 1位 大谷翔平 花巻東高 投手/外野手 投手として157km/h記録、打撃では昨日は3打数0安打で2軍調整も
3位 鍵谷陽平 中大 投手 オープン戦最終戦で抑えでリリーフし1回2奪三振ノーヒット
巨人 1位 菅野智之 東海大卒 投手 1試合で炎上したものの、その後調子を取り戻しローテ当確
埼玉西武 3位 金子侑司 立命館大 内野手 1番セカンドとして定着、確実な守備と走塁センス
中日
福岡ソフトバンク 1位 東浜巨投手 亜細亜大 投手 流石の投球術を見せ、厳しい争いながらローテ入り確実
3位 高田知季 亜細亜大 内野手 セカンドで素晴らしい守備を見せる
6位 山中浩史 Honda熊本 投手 練習試合、オープン戦で全て好投。抜群のコントロール
東京ヤクルト 2位 小川泰弘 創価大 投手 ずっと無失点記録を続けていた。安定度抜群
4位 江村将也 ワイテック 投手 中継ぎで貴重な役割。
6位 谷内亮太 國學院大 内野手 守備や代走などでチャンスを狙う。
東北楽天 2位 則本昂大 三重中京大 投手 スライダーと速球はプロでも通用した。ローテ入り確実
広島
千葉ロッテ 1位 松永昂大 大阪ガス 投手 リリーフで5試合無失点、左のリリーフエース
阪神 1位 藤浪晋太郎 大阪桐蔭 投手 151km/hストレートはさすが。先発ローテ確実
オリックス 5位 森本将太 BC・福井 投手 リリーフで151km/h記録、フォークボールもあリリーフ任される
横浜DeNA 2位 三嶋一輝 法大 投手 150km/hストレート一本勝負、リリーフで失敗もあるが1軍で試されそう
3位 井納翔一 NTT東日本 投手 140km/h中盤速球に小さく曲がるスプリット、ローテ入り

 

 巨人のドラフト1位・菅野智之投手(23)が23日、楽天とのオープン戦(東京D)に先発し、4回2安打無失点と好投。オープン戦最終登板で初バッテリーを組んだ阿部との呼吸も問題なく、開幕2戦目となる30日の広島戦(東京D)のプロ初登板先発に弾みをつけた。チームも10勝3敗3分けとなり、24日の1試合を残し、99年以来14年ぶりにオープン戦の“優勝”を決めた。

 

 菅野は阿部のメッセージを感じ取った。2回、先頭打者の松井との対戦だった。「変化球を投げれば簡単に終わることはできたと思いますが、直球でどこまで勝負できるのか(阿部が)見たかったのだと思います」。サインに従い、8球連続で140キロ前後の直球を投げた。最後は直球と同じ球速のカットボールで中飛に仕留めた。


PAGE TOP