来年の新人王は誰が獲るか

藤岡裕大, 馬場皐輔, 田嶋大樹, 鍬原拓也, 東克樹

2017年の新人王は、セリーグが中日の京田陽太選手、パリーグが埼玉西武の源田壮亮選手、共にルーキー内野手が獲得した。2018年の新人王を予想してみる。

候補は?

新人王はプロ2年目以降でも出場試合の少ない選手などに獲得の資格があるが、2017年のドラフト指名選手の中で候補を挙げてみると、

パリーグ
千葉ロッテ 安田尚憲藤岡裕大山本大貴菅野剛士渡邉啓太
日本ハム  清宮幸太郎西村天裕鈴木遼太郎
オリックス 田嶋大樹鈴木康平福田周平
東北楽天  近藤弘樹岩見雅紀山崎剛
埼玉西武  斉藤大将
ソフトバンク 高橋礼

セリーグ
ヤクルト  大下佑馬蔵本治孝塩見泰隆宮本丈
中日    鈴木博志
巨人    鍬原拓也岸田行倫大城卓三北村拓己田中俊太若林晃弘
DeNA   東克樹神里和毅齋藤俊介寺田光輝
阪神    馬場皐輔高橋遥人熊谷敬宥島田海吏谷川昌希
広島    中村奨成  

となる。基本的に、やはり高校生は1年目から新人王クラスの活躍を見せるのはかなりの事だが、清宮、安田、中村の3人を入れた。また、源田選手も強打選手も、昨年はそれぞれチームの主力として活躍していた。大学・社会人では素質の高い選手よりも、今年の時点でチームの戦力になっているかどうかに注目した。

さらにこの中で絞り込んでいくと、やはりチーム事情により1年目から1軍で活躍できるポジションがあるかどうかが影響してくる。源田選手も京田選手も遊撃手のいないチームに指名されたことで新人王を獲得した。またポジションでも、捕手として1年目から出場するのは非常に厳しく、打撃成績を残さないと新人王は難しくなる。また外野手だと、首位打者だったりホームラン王を争うくらいの活躍が無ければ評価されにくい。投手でもリリーフ投手は評価されにくく、先発で10勝できる投手という事になる

そうなると、候補としては、
パリーグ
千葉ロッテ 藤岡裕大山本大貴菅野剛士
日本ハム  西村天裕鈴木遼太郎
オリックス 田嶋大樹福田周平
東北楽天  近藤弘樹岩見雅紀山崎剛
埼玉西武  斉藤大将
ソフトバンク

セリーグ
ヤクルト  大下佑馬宮本丈
中日
巨人    鍬原拓也田中俊太
DeNA   東克樹
阪神    馬場皐輔熊谷敬宥谷川昌希
広島

となる。外野手では千葉ロッテ・菅野選手、東北楽天の岩見選手を残したが、この二人はリーグトップクラスの打率や打点、ホームランを残す可能性もある。

この中で考えると、実績もありチーム事情で出場機会も多そうなのが、パリーグだと千葉ロッテ・藤岡選手、菅野投手、オリックスの田嶋投手、福田選手、埼玉西武・斉藤投手、セリーグだと、巨人の鍬原投手、田中選手、DeNAの東投手、阪神の馬場投手、谷川投手か。

やはり実績からするとオリックス・田嶋投手はかなり確率が高いのではないかと思う。セリーグはDeNA・東投手、巨人・鍬原投手、阪神・馬場投手がチャンスをつかめるか、1年間通して投げられるかがポイントだが、馬場投手は球速からリリーフを任されるかもしれず、谷川投手が先発ローテ入りすれば、こちらの方が有力かもしれない。セリーグの新人王争いは2年目以降の選手も含めて混沌としそうだ。

2017ドラフト指名選手 | ドラフト会議ホームページ2017 Draft home page


PAGE TOP