光星学院・北條史也、2ベース、3ベースなど3安打4打点!

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 光星学院の4番遊撃手・北條史也選手が2回戦の近江戦で3回に満塁のチャンスから左中間のフェンスに直撃する走者一掃の2ベース、6回にもフェンス直撃の3ベースヒットを放ち、5打数3安打4打点の活躍を見せた。

北條選手には巨人、東京ヤクルトなどが注目しており、特に東京ヤクルトは昨年1位で川上竜平選手を指名、1位入札ではショート候補の高橋周平選手を指名しながら抽選で獲得できなかった事もあり、大型遊撃手候補として名前が挙がってきそうだ。

 

  • 高校生内野手ドラフト候補一覧!
  • “坂本2世”北條が口火!光星学院大勝…センバツ - スポーツ報知:2012/03/29

     光星学院の“坂本2世”北條史也の一撃が、爆発の合図だった。3回1死満塁。高めの直球を思い切り振り抜いた。左中間フェンスを直撃する走者一掃のタイムリー二塁打。「先制すれば勢いづくので、打ってやろうと思っていた。会心の当たりです」と満足そうな笑顔を見せた。

     5回に中前安打、6回に左中間三塁打を放ち、8回に本塁打が出れば大会史上2人目のサイクル安打だったが、左翼手が飛球を落球(記録は失策)。「甘い球が来たので力んでしまった。力まなかったらホームランだったかな」と苦笑いした。  全文はスポーツ報知のサイトをご覧ください

    光星学院“坂本2世”北條が3安打4打点 - デイリースポーツ:2012/03/29

     「チャンスで確実に打つのが課題」と話し、手本にするのはあこがれのOBだ。「手首のやわらかさは坂本(巨人)さんが目標。構えではバットが落ちそうなほど力を抜く」。守備の身のこなし、パンチ力のある打撃にスカウトの評価も集まる。  全文はデイリースポーツのサイトをご覧ください

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    シェアする
    ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

    コメント