前橋育英の192cm右腕・根岸崇裕投手が5回2失点も課題、丸山投手、皆川投手は抑える

高校野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

140キロを投げる投手を4人そろえる前橋育英はこの日、桐生第一と練習試合を行った。192cmの右腕・根岸崇裕投手が先発し5回1失点も課題を見せた。

制球課題も

192cmから140キロの速球を投げる根岸投手は、スプリットを使い5回を投げて2安打5奪三振、味方のエラーによる1失点のみに抑えた。しかし8つの四球を与え、「本番までコントロールが課題です」と話した。

それでも「冬に練習していたことは出せました」と解禁したスプリットを始め、粘りの投球ができたのは収穫となった。

140キロカルテットでは、この日は143キロ左腕・丸山和郁投手と144キロ右腕・皆川喬涼投手も登板し、それぞれ無失点に抑えた。142キロ右腕の吉沢悠投手はケガをしているという。

強豪を相手に4-1で初戦を飾った。センバツに向けて優勝候補の一角が動き出した。

前橋育英高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

先発した192センチ大型右腕の根岸崇裕投手(2年)が味方失策から1失点したが、リリーフした左腕の丸山和郁投手(同)、皆川喬涼投手(同)が抑えた。吉沢悠投手(同)をケガで欠いたのは痛いが、前橋育英の誇る強力投手陣は健在だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント