山梨学院大付・平間凛太郎投手、149kmストレートで3回無失点!

高校野球ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 山梨学院大付・平間凛太郎投手が圧巻のピッチングを見せた。2-3と1点ビハインドの6回から登板するとストレートは149kmを記録し3者三振に斬って取った。

 そのピッチングに打線も応え、7回に2点をとって4-3と逆転、平間投手は5安打を打たれるも9回は2者連続三振で締め、7三振を奪い無失点と好リリーフを見せた。

 平間凛太郎投手は188cm80kgの大型右腕で実績は少ないものの素質に注目されていた。この日もヒットも打たれたが三振で切り抜ける強気のピッチングを見せ、次の試合にはプロのスカウトも押しかけるかもしれない。

山梨学院大付が4強一番乗り/山梨大会 - ニッカンスポーツ・コム:2012/07/18

 山梨学院大付が逆転で4強一番乗りを果たした。1点を追う7回、2死二、三塁から安並大輔外野手(2年)が右越えに適時三塁打を放って勝ち越し。6回から登板した平間凜太郎(3年)が無失点に抑えた。須田喜照監督(42)は「平間が流れを変えてくれたね」と、好救援の平間をたたえていた。 全文はニッカンスポーツ・コムのサイトをご覧ください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント