高校野球南埼玉大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度A

佐野涼弥, 渡邉勇太朗, 蛭間拓哉, 米倉貫太, 和田朋也, 英真太郎, 坂本颯太, 太賀龍丈, 梅沢駿平, 和田康平

夏の高校野球南埼玉大会の組み合わせが6月20日に決まった。7月7日に開幕する。

昨年は、花咲徳栄が夏の甲子園優勝し、西川愛也選手が埼玉西武のドラフト2位で、清水達也投手が中日のドラフト4位で指名された。今年は南北に分かれる埼玉県、南埼玉は浦和学院の他、埼玉栄や他にも注目選手が存在し、全体的に注目したい投手は多い。ドラフト注目度はA

地区

昨年夏は浦和学院が埼玉大会決勝で花咲徳栄にに2-5で敗れたが、花咲徳栄が甲子園で優勝し、レベルの高さを見せた。秋は花咲徳栄が優勝、市川越が準優勝、山村学園がベスト4位に入っている。この春は浦和学院が優勝し花咲徳栄が準優勝、ベスト4に山村学園、ふじみ野が入った。

浦和学院が中心となるが、力をつけてきている山村学園に、市川越、ふじみ野、埼玉栄、川越東、浦和実、聖望学園、山村国際など、南に比べて激戦となりそうな雰囲気だ。

注目選手

埼玉栄の米倉貫太投手にはこの春に9球団のスカウトが注目、しかし期待していたほど伸びは感じられず、ややトーンダウンしている印象。それでもきれいなフォームからのストレートはプロに入った好投手の姿をしており、見逃すことはできないだろう。

浦和学院の佐野涼弥投手は昨年春のキレキレの快投が印象的で、今年はさらに伸びると期待されていた。しかし故障の影響で春は登板が無く、この夏のピッチングが注目される。178cmの左腕、線も太くなってきており、高橋昂也投手のように最後の夏に一気にブレークするかも。

その他の注目選手

浦和学院は右のエース候補として渡邉勇太朗投手も注目される。188cmの右腕で140キロ台の速球がある。同じくこの春は故障をしていたが関東大会で登板し、復活のステップを踏んでいる。蛭間拓哉選手は中距離ヒッターだが、腕力でスタンドにライナーでホームランを放つパワーがある。とにかく仕事をしてくれる主砲。U18代表の一次候補に入るなど、評価は高い。

他にも好投手がそろう。山村学園は180cmの2年生左腕・和田朋也投手がキレ味鋭い変化球に伸びのある速球を投げ、春は浦和学院と0-1の試合を演じた。1点を与えないピッチングができる投手で、プロのスカウトも注目をしている。

聖望学園の坂本颯太投手も力のある右腕で、181cmから143キロの速球を投げる。市川越の太賀龍丈投手も180cm80kgの体が大きな右腕で、角度があり重い球を投げる。浦和実の英真太郎投手は181cmの左腕で130キロ後半の速球に大きなスライダーを投げプロが注目している。

ふじみ野の梅沢駿平も176cmの左腕投手で、1年時から注目されてきた投手。140キロの球を投げ、春のベスト4入りに貢献した。

打者では埼玉栄の2年生・和田康平選手が最も注目を集めそう。185cm86kgの身体があり、パワーあふれるスイングで長打を見せる。来年に向けて注目されていく選手だろう。

優勝予想

浦和学院が佐野投手、渡辺投手が抜きでも春に優勝するなど実力は群を抜いている。しかし、山村学園は接戦を演じており、また川越東は春に花咲徳栄に1点差の試合をするなど、強豪をしとめる力のあるチームが多い。

しかし、組み合わせ抽選で浦和学院のブロックにはここで挙げられたチームが入らず、山村学園と浦和実が初戦でぶつかるなど、組み合わせでも浦和学院が安泰のような雰囲気が漂う。

2018年度以降-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト


PAGE TOP