千葉ロッテ・吉原正平投手が初勝利、北海道日本ハム・浦野博司投手は好投も・・・

浦野博司, 吉原正平

 千葉ロッテvs北海道日本ハムの試合では北海道日本ハムのドラフト2位ルーキー・浦野博司投手が先発し6回を2失点に抑えた。しかし初勝利を記録したのは千葉ロッテのドラフト4位・吉原正平投手だった。

 

6回1安打7奪三振

 浦野博司投手は初登板のマウンドで初回に3つの四球を与えると暴投で1点を献上する。しかし3つのアウトは三振で奪うという立ち上がりを見せた。しかし2回以降は内野ゴロを打たせるピッチングで、6回を投げてヒットは井口選手のホームランによる1本のみ、7奪三振を記録して2失点と試合を作った。

 浦野投手は社会人屈指の投手として吉田一将投手や石川歩投手などと共に注目され、ドラフト2位で北海道日本ハムが真っ先に指名した即戦力右腕投手だった。チームの方針でキャンプは2軍スタートもオープン戦で1軍に上がったものの、最後に結果を残せず開幕2軍スタートとなった。この日は先発予定だった木佐貫投手がインフルエンザに感染して掴んだ先発だったが、力を見せることができた。先発枠の関係で1軍抹消されるようだが、これをきっかけにローテーション入りを目指す。

 

勝利したのは

 2-2で迎えた7回、千葉ロッテはドラフト4位の吉原正平投手をマウンドに送る。吉原投手は先頭打者を四球で出したものの、後続を打ち取り無失点に抑えるとその裏に勝ち越し、吉原投手にプロ初勝利が付いた。

 前日に初ヒット、初打点、猛打賞を記録したドラフト5位の井上晴哉選手と同じ日本生命出身の投手で、一昨年の都市対抗では2試合連続完封を記録し注目された。オープン戦でもリリーフとして登板し、右投手だが左打者をほぼ完璧に抑える左キラーとして評価を上げ開幕1軍メンバー入りしていた。

 ルーキーの勝利は広島・九里亜蓮投手、阪神、岩崎優投手に次いで3人目となった。

 

 グラブを思い切りたたいて、ほえた。同点で迎えた7回2死二塁。吉原は主砲・中田に敢然と立ち向かった。カウント3―1からの5球目、141キロの外角直球で二ゴロに仕留める。ピンチ脱出だ。7回から2番手登板し、1回を無安打無失点。その裏にチームが勝ち越し、パの新人で勝利投手第1号になった。ドラ4ルーキーはお立ち台で「井上にキャラで負けているので、結果で勝てるように頑張っていきます!」とファンを沸かせた。

 前日4日のヒーロー、“アジャ”こと井上とは日本生命時代からの同僚だ。寮からQVCまでの移動では、吉原の車に井上が同乗してきた。「(井上)晴哉がお立ち台に上がって、自分のことのようにうれしかった」と刺激を受けた。前回登板の西武戦(1日・QVC)では2被弾したが、同じ九州出身の川崎投手コーチの「北九(北九州)の男が遠慮したらダメ。気持ちで負けるな」という熱い言葉を好投につなげた。

 表情をゆがませ、ドラフト2位の浦野は声を絞り出した。「力んでしまった。初回が一番の反省です。試合の入り方をしっかりやっていかないといけない」。プロ初登板は6回を1安打2失点。上々のデビューだったが、初回の3四球と暴投での失点を悔やんだ。

 緊急登板だった。この試合に先発予定だった木佐貫がインフルエンザにかかり、2日前に急きょ、先発を告げられた。初回こそ制球を乱したが、2回以降は立て直した。本人は猛省したが、栗山監督は「ああいう状況の中、よく自分の投球ができたと思う」と評価した。


PAGE TOP