斎藤佑樹の持っているもの

斎藤佑樹

斎藤佑樹は何かを持っていると言われている。本人もそれを認識している。
東京六大学、優勝決定戦となった早慶戦で勝利した斎藤佑樹は、優勝インタビューで突然語りだした。「自分は何かを持っていると人から言われる。それがわかりました。それは仲間です。」

斎藤佑樹が持っているものは何なのか考えてみた。
甲子園の優勝の舞台や東京六大学の決勝の場面で力を発揮し、勝利を収めている。大舞台に強い。これは自分の実力と冷静さだろうか。しかし何といっても驚くのはそういう場面で登板する機会を得ていること。

甲子園で得た名声と人気、それに誠実で真摯な姿勢、勝てると思わせる雰囲気や人への気配りと実は強気で負けん気が強い性格。そういうものをミックスしてそれをコントロールして、自分も周りも巻き込むことが出来る。 
人気だけでもない、力だけでもない、人の良さだけでもない、このバランス感覚が斎藤佑樹の持っているものなのだと思う。


PAGE TOP