東北楽天の2013年ドラフト指名予想

井上晴哉, 明大, 九共大, 大瀬良大地, 山川穂高, 富士大, 吉田一将, JR東日本, 日本生命, 岡大海, 田中広輔, 上林誠知, 仙台育英

東北楽天のドラフトメインページを更新しました! 今年の東北楽天のドラフト指名方針を予想してみます。

層の薄いポジション

 まだ全体的に層が薄くバランスが悪い状況にある。ただし、岩隈、田中など強力なエースの存在によって、チームは他球団と互角に渡り合ってきたのが、岩隈投手がメジャーに移籍し、田中将大投手も今シーズンオフにポスティングによるメジャー移籍が濃厚となった。

 これは危機的な状況といえる。釜田佳直投手の活躍に加え、則本昂大投手も獲得したが、この二人で田中の穴を埋められるかは微妙な状況と言える。アマチュア野球で実績のあるエース候補の獲得は必須という所か。

 また、チームの主軸となるスラッガータイプは可能性のある多くの高校生を指名したが、もう少し時間がかかりそう。中川選手を一度は自由契約にするなど、厳しい状況。チームは日本人主軸ではなくメジャーリーガーの獲得という手を打った。

 成功の可能性としてはドラフト上位でこれぞという選手を獲得したほうが良く、大学生、社会人のスラッガーを獲得したいところだ。

 遊撃手もベテラン松井に頼る状況が続き、藤田、森山と獲得をしているが、若手の選手が欲しい。

層が厚いポジション

 捕手は嶋、岡島、伊志嶺、そして将来を託した下妻と数は揃っている。競争の中で正捕手が出てくるだろう。

 

候補は?

 日本人スラッガーの獲得として、地元仙台育英の上林誠知選手などを獲得したいところだが、やはり即戦力投手が火急のポジションとなりそうで、九共大・大瀬良大地、JR東日本・吉田一将投手などが優先となるだろう。

 また遊撃手の候補としてはJR東日本・田中広輔選手が獲得できれば、ポスト松井として十分の活躍をしてくれると思う。先発投手陣に目途がついたなら、田中選手の1位指名もあるかもしれない。

 スラッガーについては、高校生は数をそろえたので、それらの選手を刺激するために、即戦力のスラッガーを指名したい。候補としては富士大・山川穂高選手や日本生命・井上晴哉選手などが挙げられるか。

ドラフト1位は?

 九共大・大瀬良大地投手、またはJR東日本・田中広輔選手と予想する。

 

東北楽天のドラフトメインページを更新しました!


PAGE TOP