2014年ドラフト予報、今年はやや不作へ

2014年ドラフトニュース

 2014年のドラフト会議について、ドラフト候補の状況をまとめてみる。今年はやや不作という状況に予報を変更する。

全体の状況

 昨年2013年のドラフト会議は目玉候補に桐光学園・松井裕樹投手、九州共立大・大瀬良大地投手、JR東日本・吉田一将投手の3人が挙げられ、全体的に不作という状況で進んだ。しかし、高校生野手が成長し、森友哉選手、内田靖人選手、和田恋選手などが上位指名され、比較的充実したドラフトとなった。

 今年は昨年の段階で高校生では済美・安楽智大投手、前橋育英・高橋光成投手、横浜高校・高濱祐仁選手、浅間大基選手が1位に挙げられ、早大・有原航平投手、明大・山崎福也投手や亜細亜大の山崎康晃投手など大学生投手も注目され、やや豊作という状況で推移していた。

 しかし、安楽投手、高橋投手がケガから復活を目指す段階にあり昨年のような投球ができていない事や高濱祐仁選手の伸び悩み、さらに大学の春のリーグ戦では有原航平投手が成長を見せたものの、石田健大投手や山崎康晃投手が思うような結果を残せなかった事から、スカウトのトーンも変わりつつある。

 

高校生候補は昨年と同じかやや少なめ

 また、高校生においても新たに名前が挙がってきた上位候補が、佐野日大・田嶋大樹選手、智弁学園・岡本和真選手、日本文理・飯塚悟史投手、盛岡大付・松本裕樹投手となっている。全体的には昨年と同じ程度で例年よりやや不作といった状況だろうか。

 北照・齋藤綱記投手、大分・佐野皓大投手、西日本短大・小野郁投手、明徳義塾・岸潤一郎選手、高松北・塹江敦哉、大和広陵・立田将太投手、新庄・山岡就也投手、横浜隼人・宗佑磨選手、富山商・森田駿哉投手、坂井・栗原陵矢捕手、常葉菊川・桑原樹選手、龍谷大平安・徳本健太朗選手、九州国際大付・清水優心捕手などが夏に活躍を見せれば上位に入ってきそうだ。

 だがやはり安楽智大投手、高橋光成投手、高濱祐仁選手が復活を見せなければ、候補不足の印象は大きくなる。

 

大学生候補は昨年を上回るも

 大学生は春の状況を見てスカウトが「有原航平投手の一人勝ち」と評するなど、山崎福也投手、山崎康晃投手、石田健大投手といった4年生投手があまり成長を見せられなかった。それでも4人ともドラフト1位に入る素質を持っているが、創価大の田中正義投手と比較すると、超目玉のドラフト1位とは言い難い。

 野手でや中村奨吾選手はまずまずの活躍、駒大の江越大賀選手は成績を伸ばせなかった。さらに七原優介投手はトヨタ自動車入りを明言するなど上位候補は少なくなりつつある。京都大の田中英祐投手の進路の決断次第では、さらに不作の状況となりそうだ。

 大学野球選手権でも地方の逸材は下級生が多く、4年生では仙台大の熊原健人投手、苫小牧駒大の吉岡慎平投手、愛知学院大の源田壮亮選手の名前が挙がるが、源田選手は社会人入りが決まっている。成美大の阿部翔太投手など隠し玉候補が上位に挙がってくる可能性もある。

 

社会人は昨年より大きく不作

 昨年は高校生、大学生の候補選手が少なく、社会人選手が過去最高に近いほど多く指名された。そのため今年はその反動があり不作と予想されていた。しかし目玉候補とされていたNTT東日本・高木伴投手が調子が上がらず、JX-ENEOSでブレイクを期待された石川駿選手もあまり活躍を見せていない。

 三菱重工広島の鮫島優樹投手も都市対抗出場を逃してしまった。その中で新日鐵住金かずさマジックの加藤貴之投手は打たれない左腕の実績を伸ばし、上位で指名されそうだ。

 昨年は直前で東京ガス・石川歩投手が成長し、吉田一将投手、柿田裕太投手、小林誠司捕手が1位指名されたが、今年は1位指名は0となりそうだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. 栗原捕手は春江工業ですね
    坂井となってます