中日スポーツの注目選手

国松歩, 七原優介, 水野匡貴, 高橋遥人, 嶽野雄貴, 寺西建, 森圭名, 清水力斗, 石田健人マルク, 柴崎哲治, 内海大寿, 松本直樹

中日スポーツでは「中部から飛び出せ2017ドラフト候補」という特集を3日連続で続けているが、その中で東海、北信越のチームの選手や、出身の選手の紹介もしている。

高校生

星稜の寺西建投手は191cm92kgの左投げ左打ちの選手で、140キロを超す速球と長打力もあるが、昨年の甲子園ではやや厳しい評価も見られた。しかしスケールの大きさと大型左腕という魅力があり、今年の春の投球が注目される。同じく星稜では昨年甲子園で140キロを超す速球を投げたMAX146キロ右腕・清水力斗投手にも注目が集まる。

昨年の甲子園では富山第一の森圭名投手も140キロを超す速球を見せている。こちらも注目。

大学生

大学生では常葉橘出身の亜細亜大・高橋遥人投手が151キロ左腕に成長し、明治大の水野匡貴投手も147キロを投げ、エースの座を狙うドラフト候補となっている。この世代では聖隷クリストファーの鈴木翔太投手が2013年のドラフトで中日に指名されており、静岡の高校生が注目されていた。鈴木選手もプロで伸び悩んでおり、誰が世代トップを奪うか。

他にも立命大のエース・東克樹投手は148キロ左腕として注目、東邦出身の龍谷大・石田健人マルク投手は150キロ近い速球を投げ、三島出身の道都大・柴崎哲治投手も140キロ後半を投げるという。中部学院大・内海大寿選手は180cm83kgの大型外野手で身体能力が高い。

社会人

西濃運輸の嶽野雄貴投手は148キロの速球を投げ、小柄だが、もう一皮むければ社会人NO.1投手となれそうな投手。捕手の松本直樹選手も強肩とスローイングに定評があり、リード面でも鍛えられた。

JR東日本の国松歩選手は静岡商時代は中学時代から投打に注目されていたが、社会人では打者に専念している。強打の内野手として大成してほしい。

ホンダ鈴鹿は畔上翔選手や山足達也選手、石井元選手、佐藤雄偉知投手などが今年解禁、大学の注目選手が次々と集まるチームで、プロへと選手を送り出したい。

同じく大学の好選手が集まるトヨタ自動車は、昨年の都市対抗で優勝し、今年はドラフト会議でも注目される。強打の藤岡裕大選手と、内野守備に定評のある河原右京選手、北村祥治選手が源田壮亮選手の後を狙う。七原優介投手の成長にも期待したい。

社会人は東海地区が激戦区となり、それに伴い人材も集まっている。

中部から飛び出せ、2017ドラフト候補 中日スポーツ紙面を参考に 2017/2/14-16

PAGE TOP