植田拓選手が愛媛マンダリンパイレーツに入団

2020年ドラフトニュース 独立リーグドラフトニュース

盛岡大付で高校通算63本塁打を放ち、その後バイタルネットに進んだものの、昨年中に退部をしていた植田拓選手が、愛媛マンダリンパイレーツに入団した。

スポンサーリンク

愛媛に入団

植田拓選手は165cmと上背はないものの、ガンガンのフルスイングから豪快な一発を打ち、高校通算は63本塁打を記録した。甲子園でも3大会連続でホームランを放ち、3年夏は右手首を故障しながらも2本塁打を放った。

進路はプロ一本と考えていたものの、盛岡大付の関口監督がバイタルネットを紹介し、都市対抗出場を目指していた。しかし昨年秋までには退部をし、兵庫の硬式野球クラブチーム・JFF systemsでプレーをしていた。

そして6月29日、四国アイランドリーグプラスの愛媛マンダリンパイレーツは、硬式twitterで植田選手の入団を発表した。

またあの頃のような豪快なホームランを見たい。そしてそのホームランがプロの舞台まで届くことを期待したい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. ホームラン