BCリーグ・新潟アルビレックスの前川哲投手が153キロ連発

2020年ドラフトニュース 独立リーグドラフトニュース

BCリーグは新潟vs群馬の試合が行われ、新潟の154キロ右腕・前川哲投手が153キロを連発し、NPBのスカウトにアピールをした。

6年目24歳のサイドハンド

前川哲投手はこの日、8回から登板すると、サイドハンドから153キロを連発した。1イニングを1安打1奪三振無失点に抑えた。

前川投手は新潟産業大付高校から新潟アルビレックスに進み、今年で6年目となる。153キロを記録し、毎年のようにドラフト候補に名前の挙がる投手で、まだ24歳と若い。

しかし、6年間も指名されない年が続き、昨年途中から先発からリリーフに回り、腕を上手から横手に変えた。今年はリリーフとして本格的に取り組む1年目となり、体づくりからコンディション作りまでを行った結果が出ている。

この日はプロのスカウトも複数球団が視察に来ており、それぞれ自チームのリリーフ陣と比較をしていたのだろう。153キロサイドハンドは大いに魅力に映ったのではないかと思う。

今年のドラフト会議では、高校生などの指名が若干減ることになると思うが、その分、プロと同程度と評価されるBCリーグの選手の数が増える事も考えられる。注目したい。

2020年度-独立リーグ・海外投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

自己最速は昨季マークした154キロ。今季3試合目で最速に迫る数字を出した。2-3と追い上げムードでのマウンドには、清水章夫監督(44)に「勢いをつける投球をしてこい」と言われ上がった。「自分もそのつもりだった」。ネット裏でNPB複数球団のスカウトが視察する中、力勝負でチームに活を入れた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント