中日・JX-ENEOS、田畑秀也選手を上位指名へ

JX-ENEOS, 田畑秀也

 中日はJX-ENEOSの田畑秀也外野手をドラフト上位指名する方針であることがスポーツニッポンの調べで分かった。高木監督の「足の速い選手が欲しい」という要望を受け、中田スカウト部長が「3拍子揃う数少ない選手」として上位候補に決めた。

 田畑秀也選手は桐蔭学園高校3年の夏に4本塁打15打点の活躍を見せてプロから注目された。プロ志望せずにJX-ENEOSに進むと、いきなり起用されたスポニチ大会で2試合連続本塁打を放った。50m5.8秒の俊足に長打を打ててチャンスにも強い、社会人屈指の打者。

 中日では2009年にドラフト5位で日本生命から入団した大島洋平選手が現在大活躍をしているが、それにも劣らない選手と思う。他球団もリストアップしている可能性は非常に高いと思われる。

 

 中日 3拍子そろった社会人外野手を上位指名へ - スポーツニッポン:2012/10/24

  中日が、ドラフト会議で社会人JX―ENEOSの田畑秀也外野手(21)を上位指名する方針であることが23日、分かった。同選手は50メートル5秒8の俊足で、高木監督の「足の速い選手が欲しい」という要望に合致。9月13日の日本ハムとの練習試合(鎌ケ谷)では斎藤佑樹から本塁打を放つなどパンチ力もある。

 

 ここ数年、チームは右翼のレギュラーが不在。相手投手に合わせて平田、堂上剛らを使い分けてきた。さらに、守備固め、代走のスペシャリストだった英智が今季限りで引退。中田宗男スカウト部長は「3拍子そろっている数少ない選手」と評価した。


PAGE TOP