12球団のドラフト、楽天は野手の上位指名を続けるか

2020年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース

東北楽天は石井GMが就任してから、2018年に辰己涼介外野手、太田光捕手、昨年は小深田大翔内野手、黒川史陽内野手と、2年連続で1,2位を野手で締めた。今年も野手の指名が続くのか。

野手の上位指名

石井GM体制でドラフト会議に臨んでから2年間、野手が上位指名を締めたものの、星野GMのいた2017年も、ドラフト1位で清宮幸太郎内野手、2位で岩見雅紀外野手を指名している。清宮選手を外すと、村上宗隆選手を指名、最終的に近藤弘樹投手の獲得となったが、左右の大砲の獲得を狙った。

東北楽天ではチーム設立当初から岩隈投手、田中投手、則本投手と、球界を代表するエースの存在があった一方で、日本人の4番バッターの育成が言われ続けていた。ベテランの山崎選手が務めた後は、ガルシア、フェルナンデス、AJ、ペーニャ、ウィーラー、アマダ―と外国人が4番を務めたが、結果が出ないと松井稼頭央選手、今江選手といった他球団から獲得した選手を4番に据えたりもした。

そして2018年オフに浅村栄斗選手を獲得すると、2019年は浅村選手を3番に置き、4番に島内選手を起用したが、4番タイプという感じではなく、シーズン終盤はブラッシュ選手が4番を打った。

また、二遊間についても固定されていない状況が続く。藤田選手、松井選手が2015年から外野手に転向すると、大学時代のサードを守っていた茂木栄五郎選手をショートに据え、セカンドは銀次選手と藤田選手の併用で一息つくと、浅村選手を獲得したことでセカンドはようやく固定されたが、茂木選手は打撃が良いものの故障もあり、負担の大きなショートよりはサードとして使いたい選手でもある。

そして昨年のドラフト会議では、その内野手の穴を埋めるべく、ドラフト1位、2位で小深田、黒川選手の獲得に成功した。

補強ポイントだったショートについては、一服できる雰囲気もあるが、将来の4番を打つような和製大砲の獲得はまだ成し遂げられていないという状況となっている。

投手の指名は

しかし昨年のドラフト会議で石井GMは、東邦の石川昂弥選手(中日1位)と最後まで迷いながらも、佐々木朗希投手を選択した。メジャー移籍の可能性もあった則本投手が昨年の7月に7年間の長期契約を結び、エースが残る事が決まっていたにも関わらずだ。

かなり迷ったような事も話されていたが、最終的には小深田選手を2位で獲得できるという事もあったかもしれないが、則本投手は昨年は故障により5勝どまりだった事で、投手についてもさらに補強の必要性を認識しているようだ。

昨年のドラフト会議では3位以降で即戦力の右腕投手を3人、2018年は3位から5位まで投手を指名し続けた。投手の層は比較的厚いように見えるが、他球団との投手の入れ替えを積極的に行ったり、リリーフエースの松井裕樹投手の先発転向を模索するなど、投手陣への刺激策が見て取れ、安心している状況ではない事がわかる。

このことから考えると、補強ポイントは大砲候補と投手として考えられる。大砲候補ならばやはり近大の佐藤輝明選手が挙げられる。2017年に獲得できなかった左の大砲で、辰己選手の後輩ともなり、センター辰己、レフト佐藤のコンビは楽しみだし、サードに入れば、茂木選手をファーストに回し、浅村選手、小深田選手と共に日本人だけでも楽しみな内野陣となる。

他にも、ホームランに特化して東海大相模の西川僚祐選手は右の大砲候補、花咲徳栄の井上朋也選手は、茂木選手のような対応力もある選手、履正社の小深田大地選手は左で中長距離を打てる選手で将来が期待できる。

また、JFE東日本・今川優馬選手も飛距離に定評があり、チームを盛り上げる力を持つ選手。やや伸び悩む岩見選手と刺激をしあえる選手だろう。獲得したい和製大砲候補は少なくない。

ただし、ここ数年は埼玉西武の台頭もあり、野手の評価が高くなるドラフトが続いている。上記の選手は他球団も高く評価をしている。そこで、今年はエースを2枚取るという事もできるかもしれない。

明石商の中森俊介投手は、高校屈指の投手で実績も十分。今年、登板が少ない事から疲労による故障の可能性も少なさそうだ。安楽投手が思うように伸びていないものの、エースとして育てて行きたい投手。故障により他球団もなかなか1位での指名がしにくくなっているかもしれない東海大の山崎伊織投手も、力は桁違いなものを持っており、故障が治れば則本投手のようにもなれそうだ。

また松井投手がリリーフに転向するとなれば、リリーフエースの存在も不可欠となる。昨年は津留崎大成投手などリリーフ向けの速球派投手を獲得しているが、今年は苫小牧駒大の伊藤大海投手、慶応大・木澤尚文投手、東海大・小郷賢人投手、日体大・森博人投手といった最上級クラスの速球派がおり、先発でも期待できるが、リリーフとしても1年目から数字を残しそうな投手が多い。

社会人にもHondaの小野大夏投手、三菱日立パワーシステムズの伊藤優輔投手、トヨタ自動車の栗林良吏投手など力のある投手がいる。

昨年からドラフトの目玉と言われる選手がいないと言われる中で、新型コロナウイルスの影響で野球ができない状況が続き、目玉不在のままでドラフト会議を迎える事になるが、それは球団にとっては、自ら評価した選手をしっかりと獲得するチャンスでもある。

投手、和製大砲の候補を、1位、2位でどのように当てはめていくのか、様々な検討を行って、和製大砲とエースの獲得、あるいは、エース2枚の獲得を目指したい。

東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフト指名予想
東北楽天ゴールデンイーグルス公式ページ 東北楽天ゴールデンイーグルス掲示板 東北楽天ゴールデンイーグルスの過去のドラフト 東北 楽天ゴールデンイーグルス/ドラフト最新記事 以...
東北楽天ゴールデンイーグルス、過去のドラフト指名一覧
東北楽天ゴールデンイーグルス公式ページ 東北楽天ゴールデンイーグルス掲示板 東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフト指名予想 東北楽天過去のドラフト指名 過去3年間:投手14(右10、...
東北楽天のドラフトの狙い(2020)
2020年の東北楽天のドラフト戦略を分析します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント