西武が静岡商の148キロ左腕・高田琢登投手をドラフト上位候補にリストアップ

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

埼玉西武が、静岡商の148キロ左腕・高田琢登投手をドラフト上位候補としてリストアップしていることが分かった。

スポンサーリンク

調査書も届けている

この日、編成会議を行った渡辺GMは「ここ数年、即戦力で指名した投手が順調に成長した。今回は長い目で何年後も考えている」と話し、投手については将来性を見た高校生などの指名をする可能性を示唆した。

その中で注目しているのが静岡商の高田琢登投手で、148キロの速球にスライダー、チェンジアップ、カーブなどの変化球のキレも良く、今年の高校生左腕ではNO.1と評価される。埼玉西武は安達スカウトが夏の静岡代替大会も視察し、すでに調査書も届けているという。

埼玉西武は、菊池雄星投手が抜けた左のエース格の投手が補強ポイントで、2017年にはドラフト1位で田嶋大樹を指名し、外すと同じ左の斉藤大将投手を指名した。また昨年は2位で浜屋将太投手を指名している。

今年は早稲田大の早川隆久投手が、球界を代表する左腕投手となりそうな選手で、西武もドラフト1位指名候補として当然注目しているが、指名重複は間違いない。また、野手がやや手薄となり、近大・佐藤輝明選手の1位指名をする可能性もある。1位で左の即戦力投手を取らなかった場合は、2位でこの高田投手を指名する可能性がある。

2020年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

140キロ台後半の直球に加え、スライダー、チェンジアップ、カーブなど変化球も多彩。今年の高校生左腕ではトップクラスで、最速152キロを誇る横浜の松本隆之介と双璧をなす。今夏の静岡代替大会では安達俊也担当スカウトが視察し、既に調査書も届けている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント