明治大が明治神宮大会制覇、主将で中日ドラフト2位の村松開人選手が攻守で貢献

中日ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

明治神宮大会大学の部は明治大が優勝した。主将の村松開人選手(中日ドラフト2位)が攻撃では四球などで出塁して唯一の得点、守っても大学野球最後のプレーで好守備を見せた。

スポンサーリンク

大学最後

村松開人選手は3回、四球で出塁をすると、捕逸で2塁に進む。そして2アウト1,3塁から蓑尾海斗選手のタイムリーヒットでホームを踏んだ。

明治大はこの1点を守りながら9回を迎える。2アウト1塁の場面で、一二塁間の一塁側にゴロが転がり、ライト前ヒットと思われた当たりだったが、村松選手が足を飛ばしてゴロに追いつくと、投手が駆け込むファーストベース上に送球し、投手もしっかりとカバーに入ってアウトにした。

今年の大学野球で、そして村松選手の4年間で最後のプレーで、素晴らしい好プレーを見せた。主将として1年間チームを率いたが、「日本一を目標にやってきて、後輩たちにそれを経験させてあげられた。責任感が1つ肩から降りた感じがありました」と話した。

今年2月に右膝を手術し、春はほとんど出場ができなかった。それでも、ウェイトトレーニングに力を入れて「体の使い方が前よりも良くなった」と成長すると、秋は1番打者として、主将としてチームを日本一に導いた。

村松選手はプロに進む。「技術をレベルアップさせて、早く1軍で活躍できるように頑張りたい」と話し、日本一を手土産に次のステージへ登っていく。

【2022年 明治神宮大会】決勝戦の対戦カードと注目選手一覧
明治神宮大会は高校の部、大学の部で決勝戦が行われます。
明治大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
中日ドラ2明大・村松開人主将がVけん引「責任感が1つ肩から降りた」プロの世界でも経験生かす - アマ野球 : 日刊スポーツ
明大(東京6大学)が接戦を制して国学院大(東都大学)に勝利し、6年ぶり7度目の優勝を飾った。最多優勝記録を更新した。中日ドラフト2位の村松開人主将(4年=静岡… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
明大 最多7度目V 中日ドラ2・村松“ブラボー”長友ばり美技で締めた - スポニチ Sponichi Annex 野球
 高校、大学で決勝が行われた。大学の部では明大(東京六大学)が国学院大(東都大学)を1―0で破り6年ぶり、史上最多となる7度目の優勝。中日からドラフト2位指名を受けた村松開人内野手(4年)は有終の美を飾った。
明大 6年ぶり7度目の優勝 村田が快投!無四球完封「もっと強くなりたい」/デイリースポーツ online
 「明治神宮大会・大学の部・決勝、明大1-0国学院大」(24日、神宮球場) 決勝が行われ、大学の部は明大が6年ぶり7度目の優勝を飾った。
【神宮大会】 明大、6年ぶり最多7度目の日本一 “東京六大学のマダックス”村田賢一が1―0完封
 大学の部は明大(東京六大学)の村田賢一投手(3年)が1―0で国学院大(東都大学)を完封。6年ぶりで最多を更新する7度目の頂点に立った。
明大が6年ぶりの日本一!中日2位指名の主将・村松が決勝生還など攻守に活躍「全員でつかんだ優勝」【明治神宮野球大会】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
中日がドラフト2位で指名した明大・村松開人内野手(21)が大学日本一に輝いた。24日の明治神宮野球大会の決勝・国学院大戦(神宮)に「1...
明大・村田賢一は『精密機械』マダックスが手本 制球力を武器に無四球完封【明治神宮野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇24日 明治神宮野球大会大学の部決勝 明大1―0国学院大(神宮) ウイニングボールは、1点を守りきった明大の村田がつかんだ。9回2死...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント