阪神、松本竜也投手を外れ1位候補に!

高校野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神はドラフト1位指名で慶大・伊藤隼太選手の指名が濃厚だが、外れ1位候補として英明・松本竜也投手がリストアップされていることがわかった。

阪神は元々2位以降は高校生投手の指名をする方針で、その中でも松本投手の評価が高く、将来のエース左腕として注目している。2位で獲得できれば良いが他球団の評価やチームの順位によっては2位では獲得できない可能性もある。今後ドラフト直前に行われる都市対抗などで即戦力候補が見当たらない場合には繰り上げて外れ1位で指名する事になる。

  •  - 世代交代見据え強化へドラフト戦略 - 
  • 阪神は今月末に開くスカウト会議から、ドラフト会議に向けた本格的な戦略協議に入る。

     現状、ポスト金本として、野手No.1評価の慶大・伊藤の1位指名が基本線となりそうだが、現場からはポスト藤川球児として東海大・菅野の獲得要望がある。また東洋大・藤岡、高校生野手では東海大甲府・高橋らも1位候補で、他球団の動向も調査の上、今後入念なシミュレーションを行う。

     いずれの候補も他球団との競合が予想されるだけに、ハズレ1位候補に関しては確実性が求められる。ここでも情報戦を制することが、今ドラフトの成果を左右する。

     2位以下では、将来性のある高校生投手の獲得を目指す。また中期ビジョンで3年後の戦力分析も行い、現在の主力に代われるだけの素材獲得も課題。捕手や二遊間の層を厚くすることも視野に入れている。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    シェアする
    ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

    コメント