東北楽天・松井裕樹投手が153km/h記録、三者三振締め

東北楽天球団ニュース

 東北楽天vs東京ヤクルトのオープン戦で、9回にマウンドに上った東北楽天・松井裕樹投手は、最速153km/hを記録、常時145km/hを越すストレートを投げ三者三振に斬って取る圧巻のピッチングを見せた。

自己最速

 岡山マスカットスタジアムの電光掲示板には最速153km/hと記録された。松井裕樹投手のこれまでの最速は150km/hで自己最速となる。しかし松井投手はチームのスピードガンで「148km/hと聞いているので」と、球速についてはそれほど気にしていなかった。

 それよりも凄いのが三者三振で、松井投手も「真っすぐが良かったので、変化球が生きた」と話す。今浪選手、荒木選手、そして山田哲人選手の3人を、チェンジアップと常時145km/hを記録したストレートで三振に斬って取った。

 捕手からも「ここ最近で一番良かった」と評価された。大久保監督よりキャンプ終盤にリリーフ転向を告げられ、今日の中日とのオープン戦でもリリーフで登板し連投テストをする。

 一昨年のドラフトの目玉も順調に成長を見せている。

東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 

 試合終盤でのリリーフ起用を想定して、9回に登板した。実戦で1イニングを3人で抑えたのは今季初だ。実際の球速以上に球が走っていた。今浪三振のあと、荒木の初球から2球続けて、球場のスコアボードに「153(キロ)」が表示された。試合後、小山伸や則本から「オイ! 153」と冷やかされるシーンも。自己最速の150キロを更新か、と周囲は大騒ぎだったが、「あれは球場の(数字)で、(チームのスピードガンでは)148キロと聞いているので」と冷静に受け流した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント