東北楽天2年目・池田隆英投手が好投、田中正義投手とどちらが先に結果残すか

池田隆英, 東北楽天

創価大で田中正義投手と2枚看板として注目された池田隆英投手、昨年はケガもあり1軍昇格を逃していたが、2年目となった今年はやってくれそうなピッチングを見せた。

田中正義投手と競争

池田投手はこの日、北海道日本ハムとの練習試合で先発すると、初回は3人で片づけ、2回にはレアード選手を147キロのストレートでライトフライに抑えた。「ストライク先行でいけたのが良かった。結果を出せていなかった分、結果が求められている」と話した。

ドラフト1位の藤平投手が1軍で活躍する中で、池田投手は昨年も2度の1軍昇格のチャンスがあったが、左右の足首を捻挫して昇格はならなかった。梨田監督は「非常に良かった。先発陣が安定してきた」と話し、今年の先発の頭数に入っていることを示唆した。

創価大でエースを争った田中投手も、ソフトバンクで1年目は1軍で登板する事はできなかった。パリーグで屈指の先発投手陣を誇る東北楽天は、打倒ソフトバンクの一番手かもしれない。そして池田投手が先発に加われば、則本投手、岸投手、藤平投手、美馬投手、辛島投手、池田投手と6人が揃ってくる。

ソフトバンクも田中投手が1軍昇格への挑戦をしている。首位を争う大事な試合で田中正義投手と池田投手の先発となったら、ワクワクが止まらない。

創価大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

自慢の速球に磨きをかけるため、姿勢を正した。久米島での1次キャンプでは当初、猫背ぎみで投球をしていたが、佐藤投手コーチから胸を張って投げるように指示された。「背が丸まっていたため、力が前方(捕手方面)に行っていなかった」と同コーチ。最速152キロを誇る直球に力が乗るようになった。


PAGE TOP