九州の主な高校生の進路、済々黌・大竹耕太郎投手は早稲田大、文徳・本田建都投手は東海大へ

高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 西日本スポーツに9日、九州の主な高校生の進路が掲載された。済々黌高校で甲子園に出場し好投した大竹投手は早稲田大に推薦合格が決まり、完全試合を達成した文徳の本田投手は東海大に進む。

 

関東か九州か

 大竹投手と本田投手のほかにも関東の大学でプレーをするのは、九州学院の太田投手が日体大、城北の大城投手が横浜商大に、延岡学園の横瀬投手が神奈川大、そして沖縄尚学の諸見里選手は国学院大、比嘉投手が亜細亜大など。久留米商の今村投手も白鴎大に進む。そのほかの多くは九州の大学や社会人でプレーする。

 プロ志望届を提出した岩重選手はシティライト岡山でプレーする事となった。18Uワールドカップのメンバーにも入った岩重選手だが、有名大学や名門の社会人チームには入れなかった。ドラフト会議の指名を待ってからとなったため、出遅れがあった事は間違いないだろう。しかしシティライト岡山からもここ数年ドラフトで指名される選手が増えている。またシティライト岡山から独立リーグへ移籍する選手もおり、今後、良い進路を選択して、プロ入りの夢をかなえて欲しい選手。

名前守備出身進路特徴評価など
笹嶋慎一郎小倉工日本文理大  
今村暁人久留米商白鴎大  
井手亮太郎九産大九州九産大  
片山勢三門司学園九共大  
原口大陸佐賀学園JR九州  
木下愛佐世保実中央大(準硬式)  
大野拓麻創成館近大工学部  
山下滉太熊本工三菱重工長崎(軟式)  
大竹耕太郎済々黌早大  
本田建都文徳東海大  
太田晃平九州学院日体大  
大城悠也城北横浜商大  
甲斐翼宮崎日大三菱重工長崎  
冨安翼日章学園東京ガス  
横瀬貴広延岡学園神奈川大  
岩重章仁延岡学園シティライト岡山  
山下敦大樟南福岡大  
緒方壮助樟南九共大  
諸見里匠沖縄尚学国学院大  
比嘉健一朗沖縄尚学亜大  

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント