【高校野球】三重大会:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 夏の高校野球三重大会の組み合わせが決定した。オリックスで大活躍中の西勇輝投手は菰野高校出身で、毎年注目される選手が出てくる。今年はドラフト上位候補には名前は挙がっていないものの、全国レベルの好投手がいる。

地区

 昨年夏、昨秋、そして今春と三重高校が優勝し1強にも見えるが、いなべ総合や松阪高校、菰野高校といった強豪がひしめく。それらのチームは素晴らしい投手を擁し、三重高校の隙を伺っている。

 組合せでは松阪高校のブロックに菰野が入り、いなべ総合のブロックに宇治山田商や日出学園第二、松阪商などが入った。

 またダークホースとみられる皇学館は三重や松阪などがいないブロックに入り、甲子園出場を狙う。

 

プロ注目選手

 プロ注目選手としてはいなべ総合の石垣幸大投手の名前が挙がる。昨年2年生で146km/hを記録し、安定感はまだなかったもののストレートで三振を奪いまくる生きの良いピッチングを見せていた。

 成長が期待されたものの安定感を出そうと取り組んだフォーム改造に失敗し、球速も130km/h台まで落ちてしまう。まだ未完成のまま夏を迎える事になる。

 そして2年生ながら早くもプロが注目しているのが、菰野高校の山田大樹投手。最速147km/hの速球を投げ、スライダー、カットのキレも鋭く、西勇輝投手と比較される投手になった。来年のドラフト上位候補の一人。

 同じく菰野高校の2年生、横井希投手も182cmから141km/hを投げる本格派で、こちらは来年に向けて成長が楽しみな投手。

 

その他の注目選手

 松阪高校の池内優馬投手は184cmから144km/hの速球を投げる素質の高い選手。安定感に欠け2番手投手だが、隠し玉候補として注目したい。

 また皇学館にも184cmから144km/hを記録する戸上綾基投手がいる。こちらはコントロールも良くエースとして期待される。2番手で182cmのサイドスロー・山田健斗投手もおり、三重、いなべ総合、松阪などに割って入ってきそうだ。

 その他、津商業の岩本祐斗投手、矢口裕也投手と140km/hを投げる投手がおり、内別府成参選手など中軸も厚い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント