スポーツニッポン、プロのスカウトが選ぶベストナイン発表

松本裕樹, 岡本和真, 秦匠太朗, 香月一也, 清水優心, 古澤勝吾, 脇本直人, 峯本匠, 長野勇斗

 スポーツニッポンは、今年の甲子園大会でプロのスカウトが選ぶベストナインとスポニチが選ぶベストナインを発表した。

スポニチの選ぶベストナインなど詳細は甲子園ベストナイン プロスカウトとスポニチがそれぞれ選出 ― スポニチ Sponichi Annex 野球 をご覧ください。

 

プロが選ぶベストナイン

 プロのスカウトが選ぶベストナインでは投手に盛岡大付の松本裕樹投手、捕手に九州国際大付の清水優心選手が選出された。

 内野手では、一塁手に智弁学園の岡本和真選手、三塁手に大阪桐蔭の香月一也選手、遊撃手に九州国際大・古澤勝吾選手を選出した。この3人はプロ志望するとみられ、プロでも活躍が期待される。二塁手には大阪桐蔭の峯本匠選手が選ばれたが、大学進学を希望している。

 外野手では二松学舎大付の秦匠太朗選手、健大高崎の脇本直人選手、三重の長野勇斗選手を選出した。脇本選手はプロ志望を表明しているが、秦選手、長野選手は進路を明らかにしていない。

 当サイトでもドラフト番付~2014年高校生・夏の甲子園場所 を発表しているが、野手では近江の植田海選手、敦賀気比の浅井洸耶選手、龍谷大平安の徳本健太朗選手などが次点に入っているとみられ、投手でも富山商・森田駿哉投手、日本文理・飯塚悟史投手などが次点に入っているのではないかと思う。

 


PAGE TOP