来年のドラフト1位候補・明石商・中森俊介投手が夏始動、2回4K

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

センバツでベスト4に勝ち進んだ明石商の2年生エースで、来年のドラフト1位候補の148キロ右腕・中森俊介投手が、センバツ以来となる公式戦登板をした。

2回4奪三振

この日、和田山と対戦したセンバツベスト4の明石商は、2年生エースの中森俊介投手が志願して2番手で登板し、6回を三者連続三振、7回も3人で抑え、2回ノーヒット4奪三振パーフェクトの投球を見せた。

志願登板について「慣れというか、春の大会でも登板していなかったので、試合の感覚を取り戻したかったというのがあった」と話し、センバツ以来公式戦で投げていないが、これから強豪と対戦する前に登板をしておきたかったと話した。

今年のドラフト1位候補・星稜の奥川恭伸投手の昨年のペースを上回るスピードで経験を積み成長をしている中森投手、奥川投手は昨年夏に甲子園で150キロを記録しているが、夏も奥川投手を上回るかが注目される。

2020年度-高校生のドラフト候補リスト
夏の高校野球・兵庫大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度A

「(志願の登板は)慣れというか、春の大会でも登板していなかったので、試合の感覚を取り戻したかったというのがあった」
六回から登板し、いきなり3者連続三振の投球を見せると七回も3人でピシャリ。「(ボールを)タテ回転で強くリリースをしようと思った」という意識を持ちながら、マウンドの感触を確かめた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント