鹿児島県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

鹿児島県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

注目選手

鹿児島城西の八方悠介投手は、181cmから146キロの速球を投げる。センバツに出場していれば注目投手となったし、さらに評価が高まっていたかもしれない。しなる腕からのストレートと変化球は、他の投手と比較しても抜けている印象を受ける。前野将輝投手も182cmから143キロの速球を投げ、この二人は注目される。

神村学園にも選手がそろう。エースの田中瞬太朗投手も、勢いあるフォームからの期の良いピッチングが魅力だが、昨年秋から急成長をした桑原秀侍投手が140キロ中盤を記録し、プロのスカウトが注目している。また中川武海投手も140キロ中盤から後半を記録するなど、力がグッとましており、どんな投球をするのかが注目される。

その他の選手

神村学園は野手でも181cmの左のスラッガー・井上幹太選手が、飛距離の出る打撃が魅力。鹿児島玉龍の末永悠翔選手は、170cmの外野手で、走攻守に高い身体能力と野球センスを見せる。

鹿児島実も選手層が厚く、投手では130キロ後半を投げる180cmの高田準之介投手に、左から130キロ後半を記録する森重温希投手が左右の看板、1年時から強打の選手として注目された坂本大心選手と、182cmの右のスラッガーで抜群の飛距離を見せる古川颯志選手が主軸を打つ。

れいめいも3番を打つ赤尾颯太選手の強打と4番・花田清志選手、5番・宝満達哉選手もクリンナップトリオは鹿児島屈指と呼び声高い。

大島高校の藤崎右京投手は173cm63kgと小柄だが、きれいなフォームからの135キロの速球が注目されている。

また2年生では、鹿児島城西の長隆稀選手と平良侑裕選手、乗田元気選手、林誠人選手といった、センバツ出場に貢献をした1年生達が成長した姿を見せる。鹿児島実の城下拡選手はU15代表の捕手で、リード面や打撃の柔軟さといったセンスが注目される。

2020年度以降-高校生-鹿児島県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント