選抜高校野球大会第5日目

高校野球ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 選抜高校野球大会も第5日目、大谷翔平、藤浪晋太郎、濱田達郎のBIG3は登場しましたが、今日も注目選手が続々登場します。

 第1試合では横浜高校が登場、エース・柳投手は球速は140km前後ですがキレの良いストレートが魅力、2年生でエースとして活躍していた経験も十分です。第2試合でもキレでは劣らない聖光学院・岡野投手が登場。聖光学院伝統の回転の良いストレートと沈む球に注目です。

 第3試合では好投手同士の対決、智弁学園は昨夏148kmをマークしベスト4までチームを導いたエース青山投手が万全の状態ならばBIG3を越える投球を見せるかもしれません。しかし夏の疲れなどから本調子ではなく、代わりに小野投手が登板しましたがこちらも140km台のストレートが注目の投手です。対する早鞆のエース・間津投手も144km/hのストレートで、大越監督が高校生の時を彷彿とさせる、力で三振を奪える投手です。

5日目

横浜(神奈川県) 高知(高知県)
柳裕也投手3年 182cm77kg 右右昨年選抜でリリーフで登板、4イニングを2安打6奪三振。
141km/hのストレートはキレがある
注目法兼駿遊撃手3年 172cm71kg 右左キャプテンで4番、遊撃手とチームを引っ張る
172cmと小柄だが通算25本塁打!

 

聖光学院(福島県) 鳥羽(京都府)
岡野祐一郎投手3年 178cm75kg 右右137km/hのストレートは聖光学院独特の回転の良い球
歳内(2011年阪神2位)から伝授のスプリットで59回自責点1
注目     

 

早鞆(山口県) 智弁学園(奈良県)
間津裕瑳投手3年 174cm72kg 右左144km/hのストレートで八頭戦は9者連続を含む14奪三振
南陽工戦は11奪三振。スライダーも魅力!
注目青山大紀投手3年 182cm72kg 右左昨夏甲子園ベスト8のエース、148km/hのストレート魅力
近畿大会初戦で12奪三振好投したが続く試合で肩を負傷
特A
     中道勝士捕手3年 172cm72kg 右左小柄だが通算23本塁打の強打の捕手。
エース青山を1年生からリード
     小野耀平投手/
外野手
3年 178cm75kg 右右143km/hのストレートとスプリットで
昨夏14イニング22奪三振を記録!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント