大阪電通大高の185cm右腕・的場吏玖投手に阪神、オリックスなどが注目

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

大阪電通大高にプロ注目の大型右腕投手がいる。185cmから最速144キロの速球を投げる的場吏玖投手が夏を目指す。

スポンサーリンク

佐々木朗希を彷彿とさせる

的場吏玖投手は185cm72kgの長身右腕投手で、最速144キロの速球を投げる。細くて長い手足、足を高く上げるフォームなどが、千葉ロッテの佐々木朗希投手に似ていて、やわらかい腕の振りをする。

的場投手は春季大阪大会の4回戦で、強豪の関大北陽を相手に20奪三振を記録し完封した。そして5回戦ではセンバツ覇者で連勝を続けていた大阪桐蔭と対戦し、8回4安打3失点の好投、「もっと打たれると思っていましたが、要所は締められた」と自信を付けた。

それと共に周囲の評価が高まっている。阪神、オリックスなどが視察をするなど、夏に向けてプロスカウトの注目度が高まっている。組み合わせが決定した大阪大会では強豪チームからの警戒も強くなっている。

大型右腕が大きく飛び立つ夏となるか、注目したい。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-大阪府のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【夏にカケル 高校野球地方大会注目球児<4>】大阪電通大高・的場吏玖投手 “横綱”に雪辱誓う - スポニチ Sponichi Annex 野球
 今夏、“横綱”大阪桐蔭が大阪大会で敗れることがあるなら、マウンドに立ちはだかっているのはこの男かもしれない。大阪電通大高・的場吏玖(3年)は最速144キロを誇る右の本格派。いずれも同校史上最高成績となる昨夏8強、今春16強に導いたエースが最後の夏に勝負をかける。

身長1メートル85で手足の長い体形。足を高く上げるフォームは今季完全試合を達成したロッテ・佐々木朗をほうふつさせ、「参考にしている」という。少しの補助があれば背面で両肘同士を付けられる体の柔らかさも併せ持ち、しなやかな腕の振りから繰り出すカーブも武器。阪神、オリックスなどが視察済みで夏の台風の目になりそうな予感だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント