此花学院・福田真也投手、上宮太子に勝利!148km記録!

高校野球ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 最速153kmを記録するも全国的に無名の此花学院・福田真也投手、高校を転向したため1年間出場ができず今年公式戦出場解禁となった投手です。

 その福田投手が最後の夏に登場、初戦の上宮太子戦に先発するとストレートは148kmを記録、制球面での課題もあり6回1/3を投げて7安打4四死球とランナーを許すも粘りのピッチングを見せ1失点、奪った三振は3つだった。

 これまで球速だけが一人歩きして実績がほとんどなかったが、148kmをマークし上宮太子を破ったことでようやく姿を現した格好だ。この日は巨人、阪神、中日、千葉ロッテ、そしてMLB・ツインズなど日米5球団のスカウトが訪れ、巨人・益田スカウトは、「能力はある、あとはどれだけ力を見せられるか」とコメントしている。ドラフトで指名されるかは微妙な状況だが、やっぱり153km右腕という素質は今後も注目したくなる。

此花学院・福田、プロ注目右腕148キロ/大阪 - サンケイスポーツ:2012/07/15

 第94回全国高校野球選手権大会地方大会(14日)此花学院は上宮太子に6-2で快勝。プロ注目の右腕・福田(3年)は6回1/3を投げて自責点1。球速は148キロをマークした。「プロになるために転校しました」。岡山・倉敷高に入学したが、2年春に山本●(=析の下に日)監督(44)が此花学院へ転籍。高野連規定により1年間は公式戦に出られないのを承知で後を追った。「最初で最後の夏なので絶対に勝ちたい」と意気込んだ。  

昨年転入の此花学院・福田、148キロで上宮太子撃破…大阪大会 - スポーツ報知:2012/07/15

 倉敷(岡山)に入学して1年秋から活躍したが、尊敬する山本皙(せき)監督(44)が此花学院に転任すると、追いかけるように、昨年4月に転入。転校後1年間は公式戦に出場できない規約により、やっと今春から出場可能に。公式戦に出られなかった昨夏に練習試合で153キロをマークするなど力をつけた。

 「プロになるために監督さんについてきた」と話す速球派右腕にプロも注目。この日も巨人、ツインズなど日米5球団のスカウトが集結。巨人・益田スカウトは「能力はある。あとは、どれだけ力を見せられるか」と夏の飛躍に期待を寄せた。最速153キロはセンバツ優勝投手の藤浪と同じ。「藤浪に勝ちたい」。遅れてきた怪腕がナニワの台風の目になるか。 全文はスポーツ報知をご覧ください。 

此花学院・福田初戦突破けん引/大阪大会 - ニッカンスポーツ・コム:2012/07/15

 此花学院の今秋ドラフト上位候補、最速153キロ右腕・福田真也投手(3年)が好スタートを切った。強豪の上宮太子相手に6回1/3、2失点(自責点1)で1回戦突破に貢献した。「初戦なので緊張しました。後半はちょっとバテました。もう少し球速が上がれば大丈夫だと思います」。尊敬する山本■(せき)監督(44)の転任の後を追い、倉敷(岡山)から2年の4月に編入。昨年度は規定で公式戦に登板できず、今大会が最初で最後の夏となる。山本監督は「ぎこちなかったけど、投げる度によくなってくるでしょう」と信頼を口にした。ライバルに挙げるのは大阪桐蔭の藤浪だ。この日の速球の最速は145キロだったが、「負けていないと思うのは球の速さです」とキッパリ。目標はプロ。阪神、巨人、中日、ロッテ、ツインズの日米5球団スカウトの前で潜在能力の高さを見せつけた。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント