選抜高校野球大会、投手では佐野日大・田嶋大樹選手が注目度で頭一つリードか

田嶋大樹, 佐野日大

 選抜高校野球大会で登板する投手では、明徳義塾・岸潤一郎投手、沖縄尚学・山城大智投手、新庄・山岡就也投手などが注目されている。その中で頭一つ抜き出ているのが佐野日大・田嶋大樹投手でしょうか。

 

阪神が注目

 田嶋投手は145km/hを投げる180cmの左腕投手で、昨年秋の関東大会、東海大甲府戦で1失点11奪三振のピッチングを見せると、強打の横浜高校も3失点に抑えて完投勝利をした。決勝では敗れたものの足を負傷しながらも登板し好投を見せている。既に阪神が「安楽、高橋と共に上位候補に入ってくると思う」と話し、安楽智大投手、高橋光成投手と並ぶ評価をしており注目される。

 この田嶋投手の他には、1年生で明徳の4番を打ち、2年生の時はエースとして甲子園でも好投をみせている岸潤一郎投手や、明治神宮大会で粘りの投球を見せた山城大智投手、新庄・山岡就也投手が好投手として注目される。しかし、一昨年の藤浪晋太郎投手や大谷翔平投手、昨年の安楽智大投手や立田将太投手、小島和哉投手に比べるとやや注目度は低く、田嶋投手が頭一つ抜き出ている印象。

 

そのほかの好投手

 新3年生では横浜高校の伊藤将司投手が、あの安定感抜群のピッチングに、この冬で成長した部分がプラスされれば即戦力としてドラフト会議での指名が考えられるようになる。また八戸学院光星の新井勝徳投手も186cmから143km/hを投げる投手としてどんなピッチングをするのか見てみたい。また21世紀枠で選出された小山台・伊藤優輔投手もプロ注目の好投手。

 また新2年生では履正社の永谷暢章投手が147km/hを記録する投手、みんなの評価サイトではまだ評価が割れている感じで、甲子園でどんなピッチングを見せるか、来年のドラフト注目候補になるかを確認したい。また桐生第一の山田知輝投手も1年生ながら甲子園出場に大きく貢献した。184cmの大型右腕で139km/hの速球を見てみたい。龍谷大平安の高橋奎二投手も明治神宮大会で好投を見せた。今年のピッチングが大切になってくる。

投手のスターは少ないものの、スター候補はたくさんいる。甲子園からどんなスターが飛び出すか、毎年の事ながら楽しみだ。

 

 

 今大会No・1左腕の呼び声高い佐野日大(栃木)の田嶋は「甲子園でも0にこだわる」と大舞台での活躍を誓った。最速145キロの直球と、縦に曲がるスライダーが武器だが「スピードよりコントロールを重視したい」と冷静に語る。昨夏の栃木大会は準決勝で作新学院に0―1と惜敗。四球から与えた失点だった。

 新チーム結成後、ブルペンでは打者を立たせての投げ込みや、ホームベースの5つの角に置いたボールに当てる練習を繰り返し制球力を磨いた。その結果、昨秋の公式戦は7試合、計55イニングを投げ防御率0・49。抜群の安定感を誇るエースに松本弘司監督も「どんな状況でも動じない。落ち着いている」と全幅の信頼を寄せる。同校の甲子園最高成績は97年夏のベスト8。「目指すのは優勝。新しい歴史をつくりたい」。学校創立50周年の節目に、プロ注目左腕が甲子園で大暴れする。


PAGE TOP