茨城大会の組み合わせ抽選が決定、常総学院と明秀日立中心に激戦

細川拓哉, 増田陸, 芳賀大成, 稲荷田朝陽, 岩本大地, 小林俊輔

夏の高校野球茨城大会の組み合わせ抽選が決定した。Aシードは常総学院と明秀日立、霞ケ浦、水戸商で、常総学院と明秀日立は勝ち上がれば決勝で対戦する。

熱を帯びている茨城

最近、特に高校野球が熱くなってきている茨城県、常総学院、霞ケ浦の2強に明秀日立が入り激戦となった。また、土浦湖北、つくば秀英、つくば国際大土浦、取手松陽、下妻二などからもプロ注目の投手が出てきて、何が起こるかわからない地域になっている。

それでもやはり注目されるのはまず明秀日立、エースの細川拓哉投手は投打に力があり、勢いのあるプレーをする増田陸選手、そして安定感がある芳賀大成選手がいるのが大きい。センバツでも力を見せており、夏の甲子園出場を目指す。

対する常総学院もすごいチームを仕上げてきている。今の所、特にこの選手という感じで名前は上がっていないものの、U15代表を経験した選手がおり、チーム全体がものすごい打撃を見せる。

霞ケ浦は今年はプロが注目する投手はいないが、毎年安定した成績を残してくる。藤代高校は144キロ右腕の稲荷田朝陽投手が、石岡一には146キロを記録した2年生の岩本大地投手がおりこちらも注目される。また古豪・水戸商には高校通算52本塁打を打っている小林俊輔選手がおり注目される。

2018年度-高校生-茨城県のドラフト候補リスト


PAGE TOP