高校野球長野大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度B

直江大輔, 小金澤飛湧, 小甲大貴, 松山遼, 斎藤慶喜, 山本健斗, 上神雄三, 西藤慶人, 荒井朋範, 小山忍, 鈴木大河, 田沼泰樹, 田中準人, 富岡叶大, 高木唯楓, 神戸尚弥, 引木翼, 林虹太, 荻原健汰, 塚田純平, 横尾虎之介, 小林紘, 小林綾

夏の高校野球長野大会が7月7日に開幕する。

昨年は、ドラフト会議で指名された選手はおらず、2年生だった松商学園・直江大輔投手が注目されていた。今年はその直江投手が3年生となり注目されており、他にも力のある投手が出てきており、ドラフト注目度はB。

地区

昨年夏は松商学園が佐久長聖に5-4で勝利し甲子園へ、秋は日本ウェルネス信州北筑が創部2年目で優勝をした。ベスト4には佐久長聖、松商学園、長野日大、そして今年春は佐久長聖が優勝し、上田西が準優勝、松本深志と松商学園がベスト4入りしている。

小諸商、松本第一、東海大諏訪、長野商などが甲子園を争う。

注目選手

昨年に引き続き、松商学園の直江大輔投手が注目される。183cmの右腕は体もしっかりしてきたし、筋の良い球は健在。しかし昨年の段階で今年はもっとすごい球を投げているだろうという予想にはまだ達していない印象で、最近の練習試合でも結果を残せていない。多くの球団が視察に訪れる注目選手に代わりなく、筋の良さは高く評価できるものの、上位候補かどうかの判断はこの夏にされそうだ。

球速が伸びたのは松本深志の小林兄弟の兄・小林綾投手で、178cm78kgの右腕で球速は148キロを記録した。春は松商学園に勝利して3位となり、長野県のチームを抑えられる力を備えている。弟の小林紘投手も180cm78kgの右腕でこちらは142キロから更新されたという情報はない。しかし、兄の成長に触発されないことはなさそう。ただしチーム事情からショートを守っており、兄がエース、弟がショートで甲子園出場を目指す。

その他の注目選手

投手は、上田西の小金澤飛湧投手が185cm77kgの大型右腕で143キロの速球を投げる。また横尾虎之介投手も140キロを記録する右腕で、塚田純平投手も140キロの力のある球を投げるが、高校通算30本塁打のパンチ力があり、打撃に注目が集まる。松本第一の荻原健汰投手も183cmの左腕で140キロの力のある球を投げるが、こちらも打撃も注目される選手。

佐久長聖のエース・林虹太投手もしっかりと142キロを記録してくる。安定した投球が持ち味で強豪のエースらしい投手。小諸商の引木翼投手は177cmの左腕で140キロを記録、プロのスカウトも注目している。中野立志館の神戸尚弥投手も180cmの長身左腕、球速はもう少しだが将来性に注目される。東京都市大塩尻の高木唯楓投手も175cmの左腕で、角度のある球を投げる。

長野商の富岡叶大投手は130キロ後半を投げる179cmの右腕、長野工の田中準人投手は167cmの左腕だが130キロ中盤の球に威力がある。

打者では、佐久長聖の鈴木大河捕手が、投手としても144キロを記録する強肩捕手で、セカンドまでの送球がものすごい選手だったが、右肩の故障が春に影響している。復活なるか。地球環境の田沼泰樹選手もセカンドまで1.8秒台の肩があるようで注目したい。佐久長聖の小山忍選手は183cm91kgの右の大砲で、もともとは外野手で強烈な送球を見せていたが、捕手に転向し素晴らしい肩を見せているという。松商学園の大和久竣矢選手も、直江投手を好リードする巧みさが目立つ捕手。

佐久長聖では他にも上神雄三選手、西藤慶人選手が1年時から主軸を打ち、共に県トップクラスの強打を見せる。上田西の荒井朋範選手は50m5.9秒の足があり、上田西らしい機動力野球を見せられる。創造学園の小林翔太選手もセカンドまでの強肩が目立つ捕手で、今年は捕手の候補が多い。

2年生では松商学園の山本健斗選手が注目される。2年生で4番でショートを守り、チームの柱となっている。強い打撃と守備に注目。上田西の斎藤慶喜選手は50m5.9秒の足があり、トップバッターを務める。東海大諏訪の松山遼選手も俊足選手で、ファーストまで3.71を記録した。また東海大諏訪の1年生・小甲大貴選手は中学時代から注目されており、広角にホームランを打てる選手で期待されている。

優勝予想

佐久長聖と松商学園が安定した成績を残し続けており、ともにエース、主軸打者の出来が勝敗を分けるかもしれない。また足の速い選手や投打に選手がそろう上田西も勢いに乗りそうなチームNO.1。投手力がトップクラスの松本深志にも優勝の可能性がある。

2018年度以降-高校生-長野県のドラフト候補リスト


PAGE TOP