高校野球岐阜大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度B

修行恵大, 杉本幸基, 不後祐将, 藤田健斗, 内藤圭史, 西内勇人, 丹羽陵, 三浦賢斗, 速水龍太, 椎木大成, 福田稜, 藤田龍明, 西尾歩真, 平田陽生, 酒井大和, 鈴木竣太, 久保田優樹, 柘植慶司, 日渡柊太, 高井脩平, 柳下陸, 伊加利夏生, 平井快青, 三尾弘樹, 井野海翔, 中神拓都

夏の高校野球岐阜大会が7月7日に開幕する。

昨年はドラフトで指名された選手はおらず、岐阜各務野の大滝竜弥投手や多治見の奥村康平投手など良い選手はいたものの知名度が全国区になるような選手はいなかった。

今年は投手に質の高い選手がそろい、目玉選手がいなくてもかなり注目度は高い。ドラフト注目度はB。

地区

昨年夏は大垣日大が優勝、決勝では中京学院大中京を6-3で破っている。春はその中京学院大中京が優勝し、大垣西が準優勝、ベスト4に岐阜各務野と市岐阜商が入り、今年春も中京学院大中京が優勝し、帝京大可児、県岐阜商、関商工がベスト4入りしている。

鍛治舎監督が就任した県岐阜商がさっそく結果を出して注目される他、土岐商、大垣商、岐阜城北、郡上などが甲子園を争う。

注目選手

市立岐阜商の中神拓都選手は174cm82kgの遊撃手で、高校通算本塁打は40本を超し、また投げても146キロを記録する強肩がある。1年生からショートを守り、岐阜県出身という事もあり、大阪桐蔭の根尾選手と比較される選手。

その他の注目選手

大垣日大の修行恵大投手は、昨年夏の甲子園で183cmから140キロの伸びのあるストレートを見せて期待されている。ただし、昨年夏以降にあまり名前が聞こえなくなり残念。夏に再び活躍を見せてほしい。2枚看板の杉本幸基投手も181cmから143キロを記録し、チェンジアップなど変化球も良い。こちらも注目。

麗澤瑞浪の井野海翔投手は182cm85kgの左腕で、球速は138キロだが制球力があり、敦賀気比を相手にノーヒットノーランを記録した。非常に楽しみな投手の一人。同じく三尾弘樹投手も180cmから抜群の球威を持ち、井野投手と左右の快足投手として注目される。岐阜第一の平井快青投手は184cmの右腕で最速は145キロを記録する。落差の大きなフォークを投げ三振を奪う。同じく伊加利夏生投手も137キロの速球を投げる左腕でこちらも右と左の速球派はそろう。

池田高校の柳下陸投手は188cmの長身から142キロを記録し、3球団のスカウトが注目をしている。関商工の高井脩平投手は135キロの速球に変化球をちりばめ抑えていく。また確実性の高い打撃も評価されている。市立岐阜商の日渡柊太投手は右サイドハンドから140キロを記録、動く球が非常に有効。多治見高校の柘植慶司投手も178cmから142キロを記録、制球に課題があるが楽しみ。

加茂高校の久保田優樹投手は192cm90kgの大型右腕、球速を期待したい。岐阜城北の鈴木竣太投手も185cmの右腕で入学時から伊藤準規2世と注目されていた。大垣西の酒井大和投手も139キロの速球を投げる左腕で、今年春に成長を見せている。県岐阜商の平田陽生投手も130キロ中盤を記録してきた。岐阜聖徳学園の川合正悟投手も170cmと小柄だが140キロを記録するという。

打者では中京学院大中京の西尾歩真選手は167cmと小柄だが、135キロを記録する肩に50m6.1秒の足があり、注目されている。また、藤田龍明選手は177cmの外野手で遠投100m、50m6.0秒の足がある。
海津明誠の福田稜選手が15本塁打に50m6.1秒の足がある身体能力の高い選手、最も足が注目されているのは帝京可児の椎木大成選手、50m5.9秒を記録し、足で試合を動かす。大垣商の木全友輔選手は外野からの驚くような送球でホームで刺すプレーが魅力。

加茂高校の速水龍太投手は投げては135キロで、打ってはフルスイングからの強烈な打球に注目される。富田高校の中村亮斗選手も投げては130キロ台、また勝負強い打撃が特徴。岐阜各務野の三浦賢斗選手は、セカンドまで正確なスローイングが魅力の捕手。八百津高校の丹羽陵選手は高校通算20本塁打を打ち、県屈指のパワーヒッター。

下級生でも昨年夏の甲子園で1年生で5番を任され、天理戦で3安打を記録した大垣日大の内藤圭史選手は来年のドラフト候補。中京学院大中京の藤田健斗選手はセカンドまで1.9秒の強肩を見せる2年生で、同じく2年生の不後祐将投手は135キロを投げる左腕でチームのエース格。また県岐阜商の1年生・西内勇人投手は138キロの速球を投げる。

優勝予想

中京学院大中京が秋、春を制しているものの、県岐阜商が力をつけてきており、また2枚看板のいる大垣日大も虎視眈々と夏を狙う。岐阜第一、麗澤瑞浪も強力な2枚看板がおり、決勝まで体力が持つ可能性が高い。

中京学院大中京のブロックには大垣日大が入ったが、大垣日大は初戦で麗澤瑞浪と対戦する。また八百津、岐阜各務野と好投手のいるチームが入っている。

県岐阜商のブロックには市岐阜商が入り、また初戦では秋準優勝の大垣西と対戦する。これだけ好投手がいれば、波乱は当然のように起こるかもしれず、目が離せない大会となりそうだ。

2018年度以降-高校生-岐阜県のドラフト候補リスト


PAGE TOP