明石商2年・中森俊介投手が147キロ&高校1号ホームラン

明石商, 中森俊介

センバツ高校野球大会2回戦で明石商の2年生右腕・中森俊介投手が自己最速を更新する147キロをを記録すると、公式戦初安打で高校初ホームランを甲子園の大舞台で打った。

将来は160キロを投げたい

中森俊介選手はこの日、2回途中からリリーフすると、4回に自己最速を更新する147キロを記録、点差が開き7回終了で交代するまで、5回2/3を4安打7月三振無失点に抑える好投を見せた。無四球だった。

中森投手は昨年夏の甲子園で145キロを記録すると、今大会の1回戦で146キロを記録、そしてこの日も1キロ更新し、大舞台でどんどん成長する姿を見せている。1回戦では141球を投げて9安打10奪三振1失点の投球をしており疲労も心配されたが、「いい雰囲気で、できていました。低め低めというのを意識して投げていきました」と力強さと安定さのある投球を見せた。

中森投手は「将来は160キロを投げたい。上半身と下半身の兼ね合いがしっかりすれば。」とまだ課題があることも把握しながら、どんどんと成長をしていく。

またこの日は、4回1アウトの場面で打席に入ると、高校に入学して練習試合も含めて初のホームランを放った。「風もあったのでいい感じに飛んでくれた。素直にうれしかった」と話すあたりは、なんと高校で公式戦での初安打だった。中森選手は中学時代に軟式野球部で5打席連続ホームランを放ったこともあり、狭間監督もその打力を認めているが、打席ではほとんど9番を打たせており、投手に専念させて育てている。それでもこの日の見事なホームランで、来年には主砲としても期待が集まるかもしれない。

来年のドラフトの目玉候補になりそうな中森投手、まずは今大会で頂点を目指す。

2020年度高校生のドラフト候補リスト
2020年度のドラフト候補リスト

中森は1年夏から甲子園のマウンドを経験し、自己最速の145キロを計測。今大会では1回戦で146キロ、2回戦で147キロと大舞台で成長を続ける。「上半身と下半身の兼ね合いがしっかりすれば」と、さらなる球速アップへの課題も自ら理解。将来は「160キロを投げたい」と宣言し、その理想は「(エンゼルス)大谷翔平選手」。

打順はほとんど「9番」ながら、軟式野球部に所属していた篠山東中時代には5打席連続本塁打を放ったことがあり、打撃は得意。だが、高校ではまだ2年生ということもあり、これが公式戦初安打で、本塁打は練習試合を含めて初めてだった。


PAGE TOP