横浜DeNA、ドラフト5位の関根大気選手がマルチヒットデビュー

横浜DeNAルーキーニュース

 横浜DeNAvs巨人の試合では、昨年のドラフト5位で指名された関根大気選手が1軍初出場すると、1番ライトで出場した。

マルチヒットデビュー

 初回先頭打者でバッターボックスに入った関根選手、巨人のバッテリーはバッターの力量を測るように全てストレートを投げたが、追い込まれてから外角のストレートをショートの頭の上にはじき返し、プロ初ヒットを記録した。

 また、9回には澤村拓一投手と対戦し、ストレートで追い込まれたもののそこから粘りを見せ、変化球をライト前にはじき返して2安打を記録、チームは3安打に抑えられたもののそのうち2安打を関根選手が記録した。

 関根選手はルーキーの高校生野手で唯一1軍キャンプからスタートするなど、期待をされていた選手だった。

 

高校生野手も続々

 高校生野手では埼玉西武の森友哉選手が6本塁打を記録し、北海道日本ハムの渡辺諒選手、岸里亮佑選手、石川亮選手などが初出場で初ヒットを記録しているが、関根選手も初出場で初安打を記録し、それぞれのチームに未来の輝きを見せている。

 東北楽天の内田靖人選手や、オリックスの園部聡選手、巨人の奥村展征選手など高校生野手が注目された昨年のドラフト会議、その評価通りに1年目から成長を見せている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント