横浜DeNA、育成ドラフト1位の笠井崇正投手が快投続ける

横浜DeNAルーキーニュース

横浜DeNAの育成ドラフト1位・笠井崇正投手が、この日の韓国・サムスン戦でも1回を投げて1安打2奪三振で無失点に抑えた。3試合5回を投げて1安打9奪三振と快投を続ける。

1軍昇格

2軍キャンプに参加しながら、1軍の実戦に呼ばれ結果を残している笠井崇正投手、この日は2軍の練習試合、韓国・サムスン戦で1イニングに登板した。この日は実戦で初のヒットを許してランナーを背負ったが、低めに集める投球とキレの良いスライダーで2つの三振を奪い無失点に抑えた。

初めてランナーを出したことについては、「初めて有走者の投球ができた。ストライク先行でいけた。走者は出したくはないけど、想定もしていた」と話し、走者のいる場面での練習ができたと話した。

視察したラミレス監督は「今日も低めに集めていた。何を投げたらいいかを分かっている投手。」と話し、「また1軍に上げたい」と今後、オープン戦などで1軍の試合での出場を示唆した。

笠井投手は育成契約選手で、まずは支配下登録に入らなければならない。「育成なので人よりハードルは高い。これを継続していかないと」と話し、アピールを続ける決意を示した。

低めに集まる投球と三振を奪えるピッチングで、まずはリリーフとして良い働きができるのではないかと思う。今後、オープン戦などでさらに調子を上げてきたバッターに対しどんな投球ができるかだが、それを抑え切れれば開幕前にも支配下登録の可能性もある。

2017年ルーキーの活躍・成績一覧

最終回に登場し、1回を1安打2奪三振で無失点に抑えた。三振はいずれもスライダーで、切れ味が抜群だった。

視察に訪れたラミレス監督も「今日も低めに集めていた。何を投げたらいいかを分かっている投手。また1軍に上げたい」と潜在能力の高さを改めて評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント