DeNA・ドラフト2位ルーキー・坂本裕哉投手が初先発初勝利、6回1安打無失点

中日ルーキーニュース 横浜DeNAルーキーニュース

横浜DeNAvs中日の試合は、DeNAのドラフト2位・坂本裕哉投手と、中日のドラフト3位・岡野祐一郎投手の投げ合いとなり、坂本投手が6回1安打無失点の好投を見せ、対戦を制した。

ルーキー対決

ルーキー対決はドラフト2位の坂本裕哉投手投手が制した。持ち前の左バッターのインコースへの真っすぐを軸に、沈む変化球を低めに集め、中日のバッターは低めの変化球に思わず手が出てしまう。

2回には三者連続三振を奪い、5回までノーヒット1四球のピッチングを見せた。6回に初ヒットを許したものの、この回も無失点に抑えると、暴投の際に本塁にベースカバーに入った時に右足首を捻り、この回で降板をしたものの、6回1安打5奪三振2四死球と素晴らしいプロ初登板だった。

DeNAはルーキー投手が1年目に活躍を見せるが、昨年まではドラフト1位で大学生投手を指名していた。坂本投手はキャンプでもラミレス監督から球速不足を指摘されたりされ、春のオープン戦では徐々に調子を上げていたものの、自粛明けの練習試合では再び球速不足を指摘されるなどしていた。

しかし、その練習試合でも、短い期間に状態を上げ、開幕ローテーションの最後に滑り込むと、ルーキーで先発した投手で初の白星を手にした。

一方、中日のドラフト3位・岡野祐一郎投手は、持ち前の球威を見せたものの、初回にオースティン選手に一発を浴び、2回、3回にも失点をした。5回を投げて8安打6奪三振5失点、4回、5回は力で抑える投球を見せ、三振も奪った。

新人では福岡ソフトバンクのドラフト3位・津森宥紀投手がリリーフでルーキー全体の初勝利を挙げていた。

2020年の開幕1軍を手にしたルーキー
新型コロナウイルスの影響により、3か月遅れとなったプロ野球の開幕1軍を手にしたルーキーは?6月18日、本日公示!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント