千葉ロッテドラフト2位ルーキー・酒居知史投手が無四球完投でプロ初勝利

酒居知史

千葉ロッテはドラフト2位ルーキーの酒居知史投手が先発し、9回123球を投げて2失点無四球で完投し、プロ初勝利を挙げた。

京セラドームで

酒居知史投手はこの日、伸びのあるストレートとキレのある変化球で、社会人1年目のような素晴らしい球を投げ、7回には肘に張りを感じたものの、9回123球を投げきって4安打2奪三振2失点、無四球で完投勝利を挙げた。プロ初勝利だった。

この日は京セラドームでの登板だった。大阪府出身で龍谷大平安から大体大と関西でプレーし、社会人でも大阪ガスで、京セラドームはなじみが深い。この日も親族や知人など約50人の応援団が駆けつけたといい、プロでの晴れ姿を見せた。

初勝利まで少し時間がかかったものの、社会人屈指の右腕はその力を見せ始めた。千葉ロッテで活躍をしていた清水直行投手のような、活きの良いピッチングを今後も期待したい。

千葉ロッテのルーキーではドラフト1位の佐々木千隼投手が2勝をしているものの、調子を落として成績が伸び悩んでいる。ドラフト5位の有吉優樹投手はリリーフで登板しており、2勝を挙げている。ルーキー投手で3人目のプロ初勝利となり、2016年のドラフトでは投手の層が厚くなった。

伊東監督の退団が決まっているが、佐々木投手、酒居投手、有吉投手、土肥星也投手、そして高校生の島孝明投手、種市篤暉投手は、今後のチームを支える投手陣となってほしい。

2017年ルーキーの活躍・成績一覧 
千葉ロッテマリーンズのドラフト会議

「地元でずっと育ってきて感謝の気持ちがある」と感慨深げにスタンドを見上げた。大阪府出身。プロ入りまでをずっと関西地方で過ごしてきた。この日は親族や知人ら約50人の大応援団も京セラドームに駆けつけた。


PAGE TOP