阪神ドラフト2位ルーキー・高橋遥人投手が剛速球見せる

阪神ルーキーニュース

阪神のドラフト2位ルーキー・高橋遥人投手が、ブルペンで初登板をすると、ブルペン捕手が「すごいボールを放っていた」と驚くような剛速球を見せた。

最速151キロ左腕

高橋遥人投手は最速151キロの速球を投げる左腕投手として、阪神からドラフト2位で指名された。しかし試合では140キロ後半の速球もある一方で、多くは140キロ前半で、また制球も安定しない事も多く、東都リーグでは通算で5勝7敗という成績だった。

この日の投球では本田ブルペン捕手が、「すごいボールを放っていた。わかっていても真っすぐで勝負できるようなピッチャー。ロッテの河本みたいでした。これからが楽しみですね」と話し、その速球の力に驚きを見せていた。しかしその一方で、「いいボールは数球しかなかったので、確率を上げていかないと」と話した。

それでも、「本人が思っている以上にいいんじゃないかな」と、素質の高さに注目する。常葉橘中で全国優勝をし、常葉橘高校時代は2年生の夏に甲子園に出場している。その高校時代に、工藤公康氏に投球を見られ、そのフォームを絶賛された。しかし3年秋のドラフト会議ではプロ志望届を提出したものの指名が無く、亜細亜大に進んだ。

180cm78kgの高橋投手、下半身を鍛えて土台をしっかりと作ることができればコントロールも安定してくるし、良い球の数も増えると思う。大学の4年間でそれができなかったのが気になるものの、プロでしっかりと下を鍛えてほしい。

2017年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

「いいボールは数球しかなかったので、確率を上げていかないと」と自己評価は控えめだったが、本田ブルペン捕手は「本人が思っている以上にいいんじゃないかな」と目を細めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント