立教大が始動、藤野隼大捕手や遊撃手のニューヒーローに期待

立教大, 林中勇輝, 藤野隼大

昨年春に18年ぶりに東京六大学リーグを制し、全日本大学野球選手権で日本一となった立教大がこの日、始動した。昨年に続くことができるか。

打線の主軸が抜ける

昨年の春は日本一に輝いた立教大だが、秋はリーグ4位に沈んだ。そして、内野の要だった熊谷敬宥選手や、打線の中心だった笠松悠哉選手、その他、山根佑太選手、大東孝輔選手なども抜ける。特に遊撃手については、大城選手、熊谷選手とプロ入りした選手が続いていたが、現在は誰が守るのか固まっていない。

ただし投手については現在2年生の田中誠也投手と手塚周投手、そして1年生の中川颯投手が好投を見せており、既に経験もあり計算できる先発がいる。また2年生の捕手・藤野隼大選手は昨年秋は4本塁打を放ち、既に注目されている慶応大の同学年・郡司裕也捕手を抑えてベストナインに選ばれている。

溝口監督は「ニューヒーローに期待したい」とまずは遊撃手のポジションを取る選手の出現を期待し、競争を促している。昨年秋にリーグ戦初出場をしたU18代表だった1年生の林中勇輝選手がポジションを奪ってくれば面白いと思う。

3年生になる藤野捕手は、昨年12月の大学日本代表合宿にも参加した。東京六大学リーグや大学代表で郡司選手との捕手のNO.1争いにも注目したい。

立教大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

昨秋のリーグ戦でベストナインを獲得した藤野隼大捕手(2年=川越東)は昨年の大学日本代表合宿に参加。同い年の慶大・郡司裕也捕手(仙台育英)を意識し「とどまっていたら、成長はないと思うので、(他選手を)参考にしながら、しっかり自分の糧にしていければ」と話した。

59年ぶり全国制覇の原動力となった阪神ドラフト3位の熊谷ら主力の多くが卒業。大城(現オリックス)、熊谷と続いた正遊撃手は固まっておらず溝口智成監督は「ニューヒーローに期待」と競争を促した。主将の松崎は「結果にこだわって攻撃力アップを目指す」と語った。


PAGE TOP